Excelでの手間のかかる作業が、すごく楽に。スマホでいつでも数字を把握できるのが嬉しい。

グリーンカイロプラクティック(東京)
東郷 純宏 先生

COCKPITを導入する前は、どのような悩みがありましたか?

東郷先生:うちは院長が私で、施術スタッフが私以外に3人いるんですけど、スタッフのリピート率やLTVをすぐに出すことができていませんでした。電卓でいろいろ計算すれば出せるのですが、瞬時に把握できる状態じゃなかったんですよね。

やっぱり数字は「すぐに把握できる」ことに意味があると思うので、それができていなかったです。

そして、数字がすぐに把握できていなかったので、どこを改善したらスタッフのリピート率があがって、売上が増えるかを理解できていませんでした。

インタビュアー:今までは、スタッフごとにリピート率を計算していなかったのですか?

東郷先生:一応、、計算はしていたんですけど、私は施術で朝から晩まで忙しいので、スタッフに「リピート計算しておいてね」とザックリ伝えていたんです。

でも、計測のやり方が分からないとか、LTVの出し方がわからないとかで、売上は計算してあるけど、リピート率・稼働率・LTVとなると、うまく計測・計算できていませんでした。

COCKPITを導入する「決め手」になったのは?

東郷先生:10年くらい前からずっと治療院の経営を勉強させてもらっている松下さんが作ったツールなので、それが決め手です。

「スタッフがいるなら数字の計測はしっかりしたほうがいい。リピート率・LTVがスタッフごとに出ていないのはマズイよね」というのを聞いて、「あ、じゃあこれは信頼しているから、やってみよう」と思って、使っていはじめました。

実際に使ってみて、どのような変化がありましたか?

東郷先生:例えば、仕事が休みの日に「スタッフがどれぐらいリピート出来ているかな」とか「何人来ているかな」と思った時、すぐにスマホで数字を確認することができるようになったのが凄くよかったです。

あとはやっぱり「見やすい」というのが一番良いですね。グラフで表示されるとイメージできるし、院の状態やスタッフの状態を、すぐに把握できるようになりました。

現状を把握できれば、すぐに改善できるので、とても助かっています。

インタビュアー:これまではExcelを使って計測していたんですか?

東郷先生:Excelを使っていたんですけど、結局リピート率や稼働率・LTVを出すとなると、Excelのデータをもとに電卓で計算しなくちゃいけなかったので、とても時間がかかる作業で大変でした。

しかも、その作業を毎月やらなくちゃいけないので、いつしかやらなくなってきて・・・という状態でしたね。

インタビュアー:いちいち計算しなきゃいけなかったわけですね。

東郷先生:そうそう。今までは売上の数字を紙に書き出して、電卓打って計算して、みたいな感じでやっていたのが、ボタン一つでスタッフごとの数字をすぐに把握できるので、手間がとても省けました

インタビュアー:実際使ってみて、一番価値を感じるのは、「数字がパッと分かる」という部分ですか?

東郷先生:そうですね。いつでも、どこでも、経営判断に必要な数字がスマホでパッと見れるのがいいです。

COCKPITは、どんな人にオススメでしょうか?

東郷先生:治療家って施術をすることには一生懸命になれるけど、やっぱり経営とか数字管理とか、そういう細かいことって苦手な人が多いと思います。

なので、数字や経営に苦手意識がある先生こそ、COCKPITを使うべきだと思いますね。

例えば自分では「2回目のリピート率は9割いっているな」と思っても、実際計測すると7割とか。自分でイメージしている数字と、実際の数字って、意外と違うことが多いと思うんです。

リピート率が正しく把握できれば、自分で「もっと技術を勉強しなきゃいけないな」とか、「もっと体のことを伝えたほうがいいな」とか、色々と気づくことができるじゃないですか。そういう点で、やっぱり数字がニガテな先生ほど、ちゃんと数字の把握をするべきだと思いますね。


インタビュアー:ありがとうございます。これからもどんどん改善していくんですけど、今後のCOCKPITに期待するのは、どういうところですか?

東郷先生:やっぱり使っていて「こういう機能も欲しいな」と出てくるので、それをうまく機能に反映してほしいです。

これまでも、いろいろ機能が追加されて、バージョンアップしてきたと思うのですが、COCKPITを使っている先生の意見を取り入れながら、どんどん使いやすくなっていくのが楽しみですね。

インタビュー:2019年夏~秋のアップデートで、「自動でアドバイスが出る」AIコンサルの機能が付く予定なのですが、役に立てそうですか?

東郷先生:例えば、2回目のリピート率が少ないと「初回の対応を見直しましょう」とか、そういうことですか?

インタビュアー:はい、それもありますし、あとは目標とする新規数に対して「広告費少なすぎですよ」とか、逆に「広告費ちょっと掛け過ぎてるから、サイトも改善した方が良いですよ」とか。

数字で現状を把握できたら、あとはどのような判断をするか?が大事になってくるので、治療院経営の意識決定プラットフォームになるよう、COCKPITを進化させていきたいと考えています。

東郷先生:経営者って孤独だから、そういうアドバイスがもらえると嬉しいですよね。どうしても、施術も経営も・・・と両方やらなくちゃいけないので、データをもとにアドバイスが出ると助かります。

この業界は1人でやっている先生も結構多いと思うので、「何を、どんな順番でやると売上が増えるのか?」を知れることには大きな価値がありますね。

インタビュアー:ありがとうございます!これからもアップデートを進めてまいります。

\ その他にもこんな声を頂いています! /

巡り整体院(埼玉)高橋 教文 先生

数字がニガテな先生は、絶対に使った方がいい。
CPA・LTV・稼働率など、全部自動で計算してくれるのが助かっています。