ちょっとしたひと工夫でページを見やすくする方法

こんにちは!

治療院応援プロジェクト「アツメキ」の金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための

「生きてる情報」をお届けしております。

今日のテーマは

「ちょっとしたひと工夫でページを見やすくする方法」

です。

私が治療院の集客を専門で始めてから、

もう7年くらいがたちますがその頃と比べて、

治療院さんのホームページや、治療家さんの

ネット集客の意識ってかなり変わりました。

みんながんばってブログを書いたり、

ホームページを自分で作ってどんどんページを増やしたり・・・

でも、おしいっ!

もうひと工夫すれば、もっと読んでもらえるページになるのに。

っていうホームページだらけ。

7年前ならホームページがあるだけでそれなりに

上位にも表示されて、広告打たなくても

集客できた時代が確かにありました。

でも今はよりわかりやすく、伝えたいことが

ちゃんと伝わるホームページが必要なんです。

「伝えたいことがいっぱいある」

「1つずつ丁寧に伝えたい」

文章をじっくり読めば先生の言いたいこと

伝えたい想いがよく伝わります。

でもかなしいかなじっくり読んでくれる人なんて

ほんのひとにぎりです。

あなたもインターネットで探し物と探していて、

検索結果に出てきたものを上から1つずつ全部じっくり読んでみる。

・・・なんていうことありますか?

きっとないはずです。

多くの人は、ざっと上から順番にクリックして、

自分が求めている情報があるサイトか、

読んで理解できそうなサイトが瞬時に判断して、

「このサイトは違うな」

「明らかに読みにくいな」

ってなったら戻って、

次のサイトをチェックしてを繰り返す。

そして、自分が求めている情報が載ってそうなサイトだけ

じっくり読む、そういった行動をとっているはずです。

じっくり読んでももらうためにも、最低限ホームページの

読みやすさを確保することは大切なこと、

読みやすいページを作ることはそれほど難しいことではありません。

ちょっとした工夫で格段にみやすくなりますよ。

今日はちょっとした見やすくするポイントをお伝えします。

■ご紹介ページを見やすくするための3つの工夫

1.中見出し小見出しをつける
-----------------------------------

このページに自分の必要な情報がのっているかどうか

手っ取り早く知るためには、見出しを見るのが

一番てっとり早い方法だとユーザーは知っています。

見出しがなくダラダラと文章が書かれていると

本文を読まないと何が書いてあるかわからないですし、

読んでて疲れます。

そして、見出しは見出しらしいデザインにする

色を変える・文字を大きくする・枠をつけるそういった工夫が必要です。

2.写真やイラストを入れる
-----------------------------------

文字だけのページはどこで休憩をいれたらよいかわかりません。

文字だけで説明されるより図が入っている方が理解しやすいです。

だからといって、どんな写真やイラストでも良いわけではありません。

写真もイラストも内容に関係のある写真をつかいましょう。

必要な写真は自分でスマホでとってしまうのがてっとり早いですよ。

図も難しく考える必要はありません。

紙に書いたりホワイトボードに手書きしだものを

スマホで写真にとるだけで十分です。

3.文字に抑揚をつける
-----------------------------------

あなたがどうしても読んでほしい。

大事なことを伝えているところには文字を太文字にしたり

少し文字を大きくしたり、マーカーを引いたりしましょう。

そうすることで流し読みしている人にも大切なことだけは伝わります。

全部じっくり読んでくれない人のために

・中見出し、小見出しを読めば内容がわかる

・写真や図を見れば理解できる

・太文字、マーカーを読めば大切なことはわかる

そんなページ作りを意識してください。

きっと、それだけであなたのページに滞在する人や

時間が増えるはずです。

今週も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来週の予告(生きている情報をお届けします!

「あなたの文章をもっと魅了的にする方法」です。

楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。