catch-img

ホームページ集客のやりやすい地域とやりにくい地域

こんにちは!

ヘルモアの水曜メルマガを担当している
集客仕組み化プランナーの金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための
「生きてる情報」をお届けしております。

今日はテーマは

「ホームページ集客のやりやすい地域とやりにくい地域」

です。

先週は、ホームページ集客は立地がめっちゃ影響する
っていう話をさせていただきました。

今回は立地というより、どの地域でやるのか?です。

正直行って、集客のやりやすい地域と
やりにくい地域というのが存在します。

それは競合が多いか、少ないかというのは関係ない理由です。

治療院はローカルビジネスです。

ということは多くの方は
検索結果に地域名をいれるわけです。

この前提を考えずに、なんとなくで
出店する地域を選んでしまうと後から集客で苦労します。

では、ホームページ集客でやりやすい地域って
どんなところかというと、

市町村の人口がそれなりにある
=========================

治療院のある市町村の人口が少ないと
検索する母数が少なくなるため単純に不利です。

感覚的には、人口10万人以下の地域はネット集客より
チラシとかオフライン集客の方が向いていると思います。

人が流れてくる地域であること
=========================

たとえ人口が少なくても周りに大きな市があり、
人の流れの途中にある地域であればネット集客は可能です。

人の流れのない地域だと、わざわざ行かないといけない理由
というのを作らないといけなくなります。

それが差別化でしょ?
って思う人もいるかもしれませんが、

これだけ治療院が増えていると、良い治療院が近くに
いっぱいあるという状況です。

その中わざわざいかないといけない理由を作るのは
かなり困難です。

都道府県で検索される地域
=========================

これは意外とみなさん意識してないと思いますが、
あなたの地域は「都道府県名症状」とかで探す地域でしょうか?

例えば私が住んでる兵庫県は「兵庫症状名」とか検索しません。

なぜなら東西南北に広いので兵庫では絞り込めないからです。

圧倒的に「神戸症状」で探すので、
そうなると神戸以外の市町村の治療院さんは
このニーズを取ることが難しくなります。

逆に、「都道府県症状」で探す地域の治療院さんの場合、
都道府県のニーズも市町村のニーズも取ることができます。

ただし、都道府県のニーズはある程度、
その都道府県の中心地にある治療院さんでないと厳しいです。

以上この3つの条件で

・出店地域を決める
・競合の多さをリサーチする
・立地を決める

という手順で治療院の場所を決めることができれば、
ネット集客の成功率が格段にアップしますよ。

今週も最後までお読みいただきありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来週の予告生きている情報をお届けします

「友達の美容師に聞いた治療院集客と一緒の話」です。

楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。