catch-img

そのホームページ治療院の実情とギャップがないですか?

こんにちは!

ヘルモアの水曜メルマガを担当している

治療院応援プロジェクト「アツメキ」の金谷です。

さて、今日のテーマは予告と内容を変えまして、

「そのホームページ治療院の実情とギャップがないですか?」です。

==========================================
このメルマガの原稿はお盆休みに書いています。

今、私は義父の田舎がある、熊本県天草市に来てます。

天草のリゾートホテルのテラスで海を眺めながら

メルマガを書くといういつもと違う環境で書いてます。

天草に来た目的は毎年、義兄がお墓を掃除しに

10時間かけて天草にくるため、私も今年はその掃除を手伝いにきました。

前もって誰も住んでない家と年に1回しか手入れできてないお墓なので

とんでもないことになってるよ。と言われていたいので、

なんとなく来る前に想像していたのですが、実際行って見ると

想像をはるかに超える廃墟に度肝を抜かれました。

ところがその廃墟っぷりが逆に私の好奇心に火がつき、

お墓にたまりにたまった汚れを裸足で必死によじ登って徹底的に掃除をしました。

自分の先祖のお墓じゃないのにお墓をきれいにするって気持ちいいですね。

次、来るときは業者なみのお墓掃除のセットを持って天草に来ると思います。

来る前の想像と実際に来た時のギャップ

今回はいい意味で期待と裏切ってくれました。

治療院もホームページ上で受ける印象と

実際に来院してからの印象って同じとは限りませんよね?

時々ホームページを作るときに

「かっこよくしてください」とか

「女性がターゲットなのでピンクでかわいい雰囲気で」

といって要望を受けることがあります。

でも実際撮影で治療院を訪れると、要望いただいている

ホームページの感じと実際の治療院があまりにも

かけ離れているなんてことも少なくありません。

「ピンクでかわいい雰囲気のホームページをみて来院した人が

昔ながらの整骨院に着いたときにどんな印象を受けるでしょうか?」

「ホームページ上ではやさしい表情をしていた先生が実際に会ってみると

むすっとしていたら患者さんはどうおもうでしょうか?」

集客するにはこの色がいい?

ターゲットが女性だからホームページはこうじゃないと!

たしかに色によって受けるイメージは違いますし、

ターゲットに合わせてテイストを変えることは間違いではありません。

ただそれに固執して、実際の治療院や先生とのギャップが

あまりにもあるホームページを作ることが、

必ずしも集客にプラスにはたらくわけではありません。

あなたのホームページは悪いギャップを与えていませんか?

一度確認してみてください。

今週も最後までありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来週の予告生きている情報をお届けします!

「治療院のホームページ、いつ、どうやって見られているの?」です。

楽しみにお待ちください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。