1回目の患者さんは、患者さんじゃない?

こんばんは!

元Webデザイナーの治療院集客専門家、
川井健太です!

今日は木曜日ということで、
リピートについて
お話させていただきますね。

では早速ですが、
本日のお題は
「1回目の患者さんは、患者さんじゃない?」
というお話です。

今日、ある治療院の院長先生と話をしていて、
気になったことが1つあったので書きますね。
(ちゃんと記事にする了解は取ってあります)

「患者さんは来るんだけど、リピートしないんだよねー」

前半はちょっと自慢げに、後半は渋い顔で・・・。

この状況を改善する方法って、いろいろあるわけですが、
前半をちょっと自慢げに話しているあたりがダメダメです(笑

つまりは「どうやったらリピートするの?」って話なんですけど、
この院長先生は、まずは考え方を変えてみる必要があるようです。

患者さんは来る???

その考えをしている限り、リピート率は上がらないんです。

1回目の患者さんは、患者さんではありません。

えっ!? なんで??患者さんじゃないの??

はい、患者さんではなく「見込み患者さん」です。

1回目の来院は「見込み患者さん」。
2回目、もしくは3回目くらいからが「患者さん」です!

1回目の患者さんを「見込み患者」と考えるだけで、
「どうやったら、この見込み患者さんを患者さんにできるんだろう?」
という考えになります

1回目から「患者さんが来た!」なんて思わないほうがいいです。
1回目の来院は、あくまで見込み患者さんであって、患者さんではありません。

どうやったら次も来院してもらえるかを考えましょうね!

この積み重ねが、リピート率の高い治療院を作ります。

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。