LINEで何を送ったらいいの?

突然ですが、あなたはLINE@を活用していますか?

いまやHPからLINE@を使って
予約ができることは当たり前。

ある調査では、電話だけでHPから予約を
受け付けるよりも、LINEからの予約を
できるようにすると、

【集客数が約10%アップする】と言われています。

しかも、LINE@は無料で使えますから、
これはもう導入しない理由がないですよね?

さて、今日はここから先の話。

LINEでの予約を受け付けている治療院は
徐々に多くなってきたのですが、

せっかく友達登録をしてもらっているにも関わらず、
「メッセージ」を活用していない先生が多いのです。。。

先日、ある先生に

・なんでLINEで一斉メッセージ送らないんですか?

と聞いたら、

・何を送っていいかわからない・・・

という回答をいただきました。

そこで、今日は友達登録をしてもらった
患者さんに対して、

どんな一斉メッセージを送ったらいいのか?
をお伝えしていきたいと思います。

まずは目的の設定から。

一斉メッセージを送る目的は1つだけ。

「既存患者さんの掘り起し」。

何らかの理由で来なくなってしまった患者さんに、
また来院してもらうことです。

そのために、一斉メッセージを使って
患者さんとコミュニケーションを取っていくのです。

では、どんなメッセージを送ったらいいのか?

効果的なメッセージには3つの種類があります。

1つ目は、「役立つ内容」

健康に関する情報や、「へーそうなんだ」と
思える役立つ情報を、月に1回でもいいので送ること。

2つ目は、「楽しい内容」

・こんなイベントやりました!
・こんな感想をいただきました!
・プライベートでこんなことがありました!

などなど、患者さんがメッセージを読んだ時に、
笑顔になったり、「すごいですね!」と
返信したくなるような内容です。

3つ目は、「やり取りにつながる内容」

メッセージの最後に、質問を投げかけることで、
患者さんが思わず返信してしまうような内容です。

特に、この3つ目の「やり取りにつながる内容」を
送っている先生が少ないので、結構モッタイナイ・・・

と感じます。

ただの健康情報の提供だけで終わってしまうと、
「また行きたい!」にならないんですよね。。。

LINEの1番の特性は、1対1のコミュニケーションを
取りやすいことです。

ぜひ、3つ目の「やり取りにつながるメッセージ」を
送っていただき、普段から患者さんと

1対1のコミュニケーションを
取るようにしていきましょう。

そうすれば、キャンペーンの時などに
再来院いただける確率がグッと高まるのです^^

もしよかったらお試しくださいね!

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。