catch-img

練習しても上達しない「技術・経営」、武道について

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■ 練習しても上達しない理由

さて、今回は治療技術や経営に共通する

「練習しても上達しない」という問題について。

あなたも、

・技術を習って練習しているけど、なかなか上達しない・・・

・同じセミナーに出ても、うまくいく先生と
うまくいかない先生がいるのはなぜだろう?

という悩みはありませんか?

これって経営・集客でも一緒で

・教えてもらったことをやっているのに効果が出ない・・・

・繁盛するノウハウをやっているはずなのに集客できない・・・

という悩みをお持ちの方がいるのではと思います。

では、

なぜ、練習しても結果が出ないのか?
================================

答えをヒトコトで言ってしまうと、

【そもそもの「動きの質」が違うから】です。
===================================

動きの質が違うと、

いくら練習しても上達しないのです。

■ 対応の技術で「差」がつく

いままで1000人以上の治療家さんを見ていて

気づいたのですが、「武道」をやっている先生は

治療技術も経営テクニックも上達が早い傾向にあります。

「なんでだろう・・・?」

はじめは何かの偶然かなと思っていたのですが、

10年近くにわたり業界を見ていると、偶然では

片づけられないくらいの「違い」があるのです。

そこで、色々データを取ったり、調べ物をしたり

実際に体験して見えてきたことがあります。

それは、

「武道・武術=対応の技術」だということ。
=========================

武道や武術という「対応の技術」を追求している先生が、

患者さんとの対応や、環境への対応など

さまざまな分野に応用が利くのは当然ですよね^^

■ 「術」という世界

治療の技術、経営の技術、両方とも

「術」という言葉が使われています。

では、この「術」の世界って、どんな世界なのでしょうか。

私が感じているのは・・・

単なる反復練習の延長線上では得られない世界、です。
==========================================

技術も経営も同じですが、見た目が単純であっても、

その単純に見える動きやテクニックの中には、

「受けた人」しかわからないものがある。

ちょっとかみ砕くと、

・同じ技術を受けても、患者さんが感じる効果には
大きな違いが合って、効果にも大きな違いがある。

・同じように見えるHPやチラシでも、それを見る
患者さんには大きな違いがあり、集客に大きな差が出る。

・・・ということですね^^

■ 練習の「急所」を把握する

治療も経営も、上達のポイントは、

「急所」をいかにとらえるか?です。
===========================

なかには、ひたすら練習を繰り返すことで

「量が質に変わる」という考え方がありますが、

治療の技術・経営の技術に限っていえば、違うと思うのです。

稽古・練習するべき急所がわからずに、

ただただ繰り返しても「動きの質は変化しない」。

だからこそ、テクニックを学ぶ前に

「動きの質」を学ぶ必要があるのです。

■ 動きの質を向上させるには?

では、動きの急所を捉え、動きの質を向上させて

治療や経営の結果を出すには、どうしたらいいのでしょうか。

ポイントは「意識の持ち方を変える」こと。

意識を変える=いままで気づかなかったことに気付けるようになる
============================================================
です。

今日はちょっと長くなってしまったので、

ここまで。

また来週、今日の続きをお伝えしたいと思います^^

次回は「違和感を感じられれば上達する」をお話させていただきます!

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。