Original

割引しているのに集客が増えない

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。


1月も後半に入ってきましたが、
集客・経営の調子はいかがでしょうか?

毎年「冬」は集客数が減少傾向にありますが、
そんな時にやりがちなのが割引。

【初回〇〇円→1980円】

このようにオファーを強くしている先生も
多く見受けますが、

・割引しているのに集客が増えない・・・

とお悩みの先生もけっこういらっしゃるようです。

そこで、今日のテーマは
「割引しているのに集客が増えない」です。

あなたは「いっぱい割引すれば集客が増える」と
考えてしまっていませんか?

========
答えはNO。
========

もちろん、初回金額が高いよりは
割引があったほうが集客は増えます。

しかし、割引をいっぱいすれば
ドンドン集客数が増えるか?といったら、

そうではありません。

なぜなら、患者さんの心理としては

「安いのはもちろん嬉しいけど、
症状が改善しないと困る!」

と考えているからです。

では、どうしたらいいのか。

答えは「改善のケーススタディー」を
数多く掲載すること。

最近では症状ごとにページを作っている先生も
増えてきましたよね。

そして、喜びの声もページに掲載されている。

これがスタンダードになってしまったので、
昔は集客できていたページも、いまは反応が下がってきています。

そこで活用したいのが、先ほど書いた
「改善のケーススタディー」です。

・こんな悩みを持った患者さんが来院して、
・検査したらこんな状態だった
・だから、このように施術を行ったら、
・このように症状が変化していきました。

ざっくりいうと、このようなページを増やしていく。

そうすることで、患者さんが考えている
「私の症状って良くなるの?」という疑問に答えられるのです。

手前みそではありますが、弊社のHP制作システムでも、
「改善のケーススタディー」を簡単に作ることができます^^

http://selfull.jp/
(ページが新しくなったので見てくださいね)

ケーススタディーを作っている先生からは、

・最近減っていた集客数が、徐々に回復してきた
・悩みが深くて、リピートしやすい新規患者さんが増えてきた

という声をいただくことができています。

このケーススタディーは、【匿名】で書くことができるので、
患者さんに許可を頂かなくてもよい、というのがいいですね。

実際の患者さんのカルテを見ながら、
ケーススタディーをHPにどんどん掲載していく。

ぜひ一度お試しください!

初回の来院ハードルを下げるために、
割引を付けることは、とても効果的。

ただし、割引をつけるだけでは集客は増えません(泣

患者さんが不安に思っていることや、
望んでいることをしっかりと理解して、

その疑問・質問に答えるページや、
不安を解消できるページを作っていく。

患者さん想いの先生が集客では圧倒的に有利ですので、
ぜひぜひ患者さんの気持ちを想像しながら
ページを増やしていきましょう!

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。