catch-img

地域の人に信用を貯めていく

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

 

気温も下がって寒くなり、
マフラーがいる季節になりましたね(汗

毎年のことではありますが、
寒くなってきて新規集客が落ちた・・・

という先生も多いはず。

今日は、そんな新規数が落ちる冬に
どんな活動をしておくとよいか、

について話をしていきたいと思います。

春から夏にかけての温かい時期は、
人の出足もよく、新規も順調です。

そんな時期は、ガンガン広告をかけて新規を集める。

でも、寒くなって新規数が落ちてきたら、
広告費に対する費用対効果が落ちてくるのが普通です。

そんな時にやりたいのが、

【地域の人に信用を貯めていく活動】

では、どうやったら地域の人に
信用の貯金ができるのか?

これには2つのステップがあるんです^^

1つ目は、院の特徴を「わかりやすく」表現すること。
昔、秋元康さんがこう言っていました

「記憶に残る幕ノ内弁当はない」
===========================

たしかに!
ってなったのですが、治療院も同じです。

あれもこれも、では患者さんの記憶に残らない。

自分の院の特徴・強みが何なのか?を、
短い言葉で表現できるようにしておくのです。

そして2つ目のステップが、
既存患者さんへのフォローを徹底的にやること。

あなたは、既存患者さんへのアプローチで、
毎回「来てください!」と伝えていませんか?

キャンペーンをして、来院しなくなった方を
掘り起していくのもよいのですが、

普段から役立つ情報発信をして、
「信用の貯金」ができていないと、
なかなか掘り起しの反応もよくなりません。

だからこそ、普段から

・ハガキ
・LINE
・インスタグラム

などなど、患者さんが【日常で使っている媒体】を
通じて、継続的な情報発信を続けていく。

もちろん、メッセージの初めには
覚えやすい「〇〇の△△整骨院 院長の〇〇です」

というメッセージを添えて、覚えてもらう。

例えば、

「骨盤矯正が得意な〇〇整骨院 院長の松下です!」

と毎回メッセージの最初に入れるだけで、
患者さんの記憶に残りやすくなりますね^^

1:記憶に残るメッセージを作る
2:それを繰り返し伝えながら、情報発信をする

たまに、
「情報発信って、何を伝えればいいの?」

と聞かれますが、情報発信には3つあって、

・思わず笑顔になってしまう情報(写真を含む)
・思わず「すごい!」と驚いてしまう情報
・思わす「ありがとう!」と感謝してしまう情報

です。

ぜひ今日の内容を参考にして、新規の落ちる冬には
地域の人に「価値の貯金」をしていきましょう!

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。