ちょっと変わったチラシの集客事例

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

今日は、割引(オファー)で集客するチラシではなく、

割引をしないで集客につなげるチラシ集客の事例をご紹介します。

■ちょっと変わったチラシの集客事例

私のところに維新会のメンバーから面白い成果報告が届いたので、

シェアしてみたいと思います。

集客で使ったのはチラシ。

でも、このチラシがちょっとだけ普通じゃないんです^^

■「来てください」ではなく「相談したくなる」

治療院の集客で使うチラシって、ふつうは型が決まっています。

【表面】

・キャッチ
・サブキャッチ
・オファー
・プロフィール写真
・あいさつ文
・対象を絞り込む問いかけ
・「にぎわい」を出す写真
・裏面への誘導の言葉

【裏面】

・他の治療院との3つの違い
・患者さんの喜びの声
・追伸
・よくある質問
・料金
・地図や電話番号

多少の違いはあっても、あなたが配布しているチラシも

ある程度、同じような構成ではないでしょうか。

このチラシは正直けっこー効果でますし、

集客をするためのチラシとしては王道。

でも、今回のチラシ集客事例では「あえて」

この王道をはずれたチラシを使い、集客を狙いました。

うえで紹介した王道のチラシは、大きな声で

・来てください!
・他より、うちのほうがいいですよ!
・こんなに喜ばれていますよ!
・こんな特徴がありますよ!
・今なら、割引がありますよ!

と、【叫ぶチラシ】です。

開業当初や、まだ集客できていない治療院などでは

チラシの効果が早く出るので、この王道チラシが効果的。

でも、今回の治療院はある程度、固定の患者さんもいたので、

あえて「叫ぶ」ことをやめました。

では、どんなチラシを配布したのか?

それは、

「思わず、相談したくなるチラシ」です。
=====================================

■やっぱり、○○のことなら先生よね!

相談したくなるチラシをつくる時に、

まずやったのが、シナリオ作り。

1:対象となる地域の患者さんを明確にする。

=○○(症状)で慢性的に困っている方

2:チラシで何を伝えるか?を明確にする。

=○○(症状)を緩和させるセルフケア

3:どんな行動をとってほしいかを明確にする。

=セルフケアで緩和しない場合に相談してもらう

今回は、本当に困っている患者さんだけに来てほしかったので、

「割引」などのオファーはつけませんでした。

なぜなら、安さで訴求すると、確かに反応率があがって

集客人数は増えるのですが、先生のファンにはなってくれないから。

「お得」が好きな人を集めたくはなかったのです。

作りたかったのは、

安さのファンではなく、先生のファン。

「やっぱり、○○のことなら先生よね!」

・・・と言われることを目指しているんです^^

■具体的に、どんなチラシなの?

さすがにチラシのデータを配布することはできないのですが、

文字でお伝えできる範囲で、今回のチラシの内容を書いてみたいと思います。

【表面】

・キャッチ
・サブキャッチ
・プロフィール写真
・あいさつ文
・喜びの声
・専門的な技術の紹介
・電話番号
・地図

【裏面】

・症状を緩和させるセルフケア

以上!

王道チラシに入っている要素を、表面にギューーッと

詰め込んで、裏面はセルフケアだけ。

このチラシを、毎月裏面だけ変えて、

約半年間続けていただいたのです。

こうやって専門性のある情報を、チラシという媒体を

通じて発信し続ける。

そうすることで、売り込みのチラシが、

「頼りになる・役立つ情報誌」に変わるんですね^^

最初こそ反応があまり良くなかったものの、

3か月目からは継続的に集客できるようになりました。

しかも、予約いただける患者さんは良い方ばっかり♪

はじめから、

・○○(症状)なら、先生しかいないよね!
・いつもチラシ見てるわよー^^
・毎月、頑張っていて凄いですね~
・先生なら良くしてくれるって信じられるわ

と、素敵な患者さんばかりが来院されるようになりました。

チラシのつくる時に気を付けたポイントは3つだけ。
==============================================

・思わず保存しておきたくなるか?

・先生の専門性が伝わるか?

・何かあった時に、思わず先生に相談したくなるか?

です。

患者さんを、安さ・割引で集めるのではなく、

思わず相談したくなって、集まってくるチラシ。

参考にしてみてくださいませ~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。