Original

マーケティングに逃げない

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

9月に入って少し過ごしやすくなりましたね^^

8月はお盆期間中に集客が落ちてしまう院が多いですが、

秋になってまた集客数が戻ってきているはずです。

さて、今日のテーマは「マーケティングに逃げない」。

あなたは大丈夫でしょうか?

ここ数年、治療院のマーケティングを教えるセミナーや

コンサルタントさんがいっぱい増えてきたので、

「マーケティング」学ぶ先生が増えてきました。

・キャッチコピー

・オファー

・コピーライティング

・WEB広告

もちろん、このような「マーケティング」を学ぶことは

大切なのですが、気を付けたいのは、これらすべて

売り方の話・・・だということです。
============================

もちろん、これらの「売り方」も大切なのですが、

一番大切なのは、患者さんに提供する施術の価値を

強化していくことですよね?

私もこれまで約10年、この業界で経営・集客を教えてきて

「去年までガンガン集客できていたのに、急に新規が来なくなった」

「強いライバルが出てきて、急に売上が下がってしまった」

・・・というご相談を多くいただいてきました。

こういう時って、どうしても「売り方」に目が行ってしまい

・キャッチコピーをどう変えたら集客が増えますか?

・どこに広告出したら、もっと集客できるでしょうか?

という思考になってしまいがち。

このような「売り方」を改善するのも1つの手ではあるのですが、

経験上、「売り方」だけに目が行っている先生は、ますます窮地に

追い込まれてしまうのです。

■「売り方(マーケティング)」はすぐにパクられる

売り方だけに目が行っていると、ますます苦しくなる理由。

それは、

マーケティング(売り方)はパクられやすい、からです。
====================================

キャッチコピーや広告って表に見えている部分ですから、

どうしてもライバルに気づかれて、すぐに対策を取られたり、

真似されて「同質化」していき、差が無くなっていくので

業界のスタンダードになってしまう。

差がなくなると、あとは資本主義のサガで、

お金をより持っている方が勝つ、ということになるのです(汗

■売り方(マーケティング)に逃げず、特徴を強化しよう

こんな時にやっていただきたいのは、

キャッチコピーや広告などのマーケティングに逃げるのではなく、

「施術の特徴」を強化すること。
========================

もう少しかみ砕いた表現をすると

ぼやっとしたポジショニングを、ハッキリさせること。

です。

患者さんからあなたの治療院を見たときに、

「あ、ここは私のための院だ!」

と、スグにわかるようにしていくのです。

そのためには、

・誰に

・何を

・どうやって提供するのか?

の3つを明確にする。

この3つに特徴があれば、多くの広告費をかけなくても、

キャッチコピーがいまいちでも、治療院は繁盛していきます。

逆にいうと、この3つがハッキリしていないから、

・広告費がどんどん増えていく

・オファー(割引)を強くしないと集客が落ちる

のです。

さて、あなたの治療院は

「誰に、何を、どうやって提供するのか?」が

明確になっていますでしょうか。

ぜひぜひ時間を取って考えてみてくださいね^^

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。