Original

症状に特化する方が集客しやすいの?

こんにちは!

治療院応援プロジェクト「アツメキ」の金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための

「生きてる情報」をお届けしております。

さて、今日のテーマは

「質問です。ホームページは症状に特化する方が集客しやすいの?」

です。

時々、症状の特化について質問されることがありますが、

・何かの症状に特化した方が集客できるんですよね?

・特化した治療院は集客できないって聞いたんですが本当ですか?

「集客できるって聞いた」逆に「集客できないって聞いた」

これって一体どっちが正しいのでしょうか?

実はどっちも間違ってるし、

どっちも正しいのです。

つまり、「特化した方が良い場合もあるし、

しない方が良い場合もある」ということです。

ある治療院では症状に特化することで集客できたとしても、

それを全く別の地域の全く治療院でやって

うまくいく保証なんてありませんよね。

じゃあ、自分の治療院の場合どうすれば良いのか?

これを考えるために必要なのが、

・どれだけの需要があるのか?

・どれだけの患者を獲得する必要があるのか?

です。

例えば、肩こりの専門治療院があるとします。

肩こりに特化してうまくいく可能性があるとしたら、

・ある程度の需要が見込める人口の多い地域であること

・新規患者さん数が20人~30人くれば十分利益がでる1人治療院であること

・症状特化しなければ他院と差別化ができない場合

このような条件であれば特化する意味もあるのかと思います。

逆に、

・肩こりに特化するには人口が少ない

・新患さんが月50人以上こないと人件費がかかっていて利益がでない

・すでにその症状で特化した治療院があり、差別化が難しい

という場合は、失敗する可能性が高くなります。

以前、「ぎっくり腰専門治療院」っていうのを作ろうとされていた

施術者5名ほどいる整骨院さんから相談されて、

絶対やめた方がいいと伝えたことがありました。

ぎっくり腰って季節の変わり目など多いですよね。

でもさすがに施術者5名もいる整骨院さんの需要を

満たすだけの患者さんがいるとは思えませんでした。

では、特化しない方が良い場合はどんなな場合か?

それは

・特化しなくても競合が弱いので差別化できる場合

・月50人以上の集客が必要な場合

特に競合が弱くてどの症状でも取れそうなのに

わざわざ特化するのはもったいないと思います。

そんな地域で治療院をされている場合は特化型ではなく

総合型の治療院でやるべきです。

確かに何かに特化するということは

他院と差別化するという意味においては有効な方法です。

ただ間違えてはいけないのは、その症状であなた求めている集客数を

本当に確保できるかということです。

だから、「症状特化するかどうかは地域の需要と

あなたがほしい集客数で決める」ということを

覚えておいてくださいね。

今週もお読みいただきましてありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来週の予告(生きている情報をお届けします!)

「今後、治療家として発信すべき情報って何?」

です。楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。