ホームページの成果を追いかけるための数字第4回目

こんにちは!

ヘルモアの水曜メルマガを担当している
集客仕組み化プランナーの金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための
「生きてる情報」をお届けしております。

さて、今回は

「ホームページの成果を追いかけるための数字」

の第4回目、「コンバージョン率」です。

成果率、成約率とも言いますが、
ホームページのアクセス数に対して成果が出た割合のことです。

成果とは電話やメールで反応があった数のことだと
シリーズ第一回目でお伝えしました。

その成果の数をホームページのアクセス数で割ると
成果率、コンバージョン率が出てきます。

この成果率が低いと、どれだけアクセスが集まったとしても
問い合わせや予約につながりにくいと言えます。

ただこのコンバージョン率少し誤解があるようなので
正しい考え方を知っておいてください。

1. 他院と比較しても意味がありません
==============================

コンバージョン率って数字で出てくるので
どうしても他人と比べたくなるものです。

例えば、あなたのホームページのコンバージョン率が1.5%で
知り合いの先生のコンバージョン率が3%だった。

この数字で比較すると、あなたのホームページは
知り合いの先生より劣っているのでしょうか?

前提条件が全く違うホームページは
比較をしても意味がありません。

地域も違う、競合も違う、そして、アクセスの質が違う。
この2つの治療院を比較しても何も問題点は見えてきません。

2. 自院の過去と比較するもの
==============================

コンバージョン率が出すのは他院との比較ではなく、
「自院の過去と比較するもの」です。

例えば、医師の推薦文をホームページに掲載する前と
あとでコンバージョン率が上がったのかを見る。

前年同月と比較し、コンバージョン率が上がっているのか
下がっているのかを見る。

コンバージョン率が1%だからいい、0.5%だから悪い。
というような絶対的な比較ではなく、

何かをした結果下がったのか、
上がったのか相対的に見るようにしてください。

3. アクセスの質が固定されるもので計算する
==================================

コンバージョン率は成果数 ÷ アクセス数とお伝えしました。

ということはアクセス数という母数が変動すると
コンバージョン率が大きく変ってしまいます。

アクセス数を考えるときに、ホームページの全体のアクセス数で
計算してしまいがちですが、前回お伝えしたように
アクセスには質というものがあります。

例えばコンバージョン率の計算に、
ブログのアクセス数をいれてしまったら、
1つの記事の検索順位が上昇して、アクセスが増えることで
コンバージョン率が下がってしまいます。

じゃあ、コンバージョン率が下がったからって
トップページを変更しないとっていう判断をしますか?

関係ないですよね。

コンバージョン率の計算するときは
できるだけアクセスの質が固定されるようなものだけで
計算するようにします。

もっともアクセスの質が固定されるものがPPC広告です。

そのため、私は「成果数 ÷PPC広告のアクセス数」で
コンバージョン率をだして、その変動を追いかけるようにしています

ちょっと難しい話になってしまいましたが
今週も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来週の予告生きている情報をお届けします

「他院と差別化をはかるためのたった1つの行動」です。

楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。