Original

整体院・整骨院が赤字を抜け出すため、やるべき10のこと

「整体院が赤字で苦しい・・・」
「なんとか今の状況を脱しなければ・・・」

もしあなたが、こんな思いで記事を読んでいるのであれば、今すぐに今回ご紹介する10の内容を実践してみてください。

紹介するのは、今日からできる対策です。

赤字の整体院・整骨院を黒字に転換させるために、何をやればいいのか、何をやってはいけないのか、がわかる内容になっていますので、ぜひ参考にして赤字から抜け出しましょう!


目次[非表示]

  1. 1.とにかく考える時間を減らし、作業時間を増やす
  2. 2.やることを絞る
  3. 3.チラシを近隣に自分でポスティングする
  4. 4.既存患者さんに電話をする
  5. 5.無駄な経費を減らす
  6. 6.メニューを絞る
  7. 7.メルマガ・LINE@を解除する
  8. 8.自分で考えるのはやめて、他人の頭で考える
  9. 9.お金を借りる
  10. 10.既存患者さんにヒアリングをする
  11. 11.まとめ

とにかく考える時間を減らし、作業時間を増やす

整体院が赤字を抜け出すためには、やるべきことを決め、どんどん作業していくにつきます。

どうしても
・あれをやったほうがいいのかな・・・
・これもやったほうあいいのかな・・・
・でも、効果がなかったらどうしよう・・・

と、「迷っている時間」が長くなればなるほど、貯金が減っていき、赤字が膨らんでしまいます。

お金を生み出すのは「作業」だけ。
考えていても、売上はあがりません。

まずはとにかく考えることをやめ、作業する時間を増やすことを心に決めてください。


やることを絞る

やることが増えれば増えるほど、1つの対策にかける時間は減ってしまうので、赤字を抜け出すためには「やることを絞る」ことが大切です。

ポイントは、即効性があることを1つ、来月など短期的に効果が出そうな対策を1つ、合計2つに絞って対策を行っていくこと。

多くの場合、赤字の整体院・整骨院は「集客数が足りない」ので、集客を増やすための対策に絞って作業をしていきましょう。

治療技術を磨くことは大切ですが、集客には直接影響しないので、赤字の間は少しお休みして、黒字になってから再度技術セミナーや勉強会に行くことをお勧めします。


チラシを近隣に自分でポスティングする

集客に最も即効性があるのは、チラシのポスティングです。

キレイなチラシ、上手なチラシを作ろうとしないでください。
ワードなどで自作したチラシで構いませんので、どんどん印刷をして近隣にポスティングをしていきましょう。

患者さんの予約が入っていないなら、院を一時的に締めてでも近隣にポスティングをしてください。
もちろん、営業時間の前や後にポスティングをするのもOKです。

ある先生は、毎日のように営業時間が20時に終わってから深夜の2時までチラシのポスティングを行い、たった1か月で赤字を抜け出しました。

チラシ印刷は院や自宅にあるプリンタを使うのもありですが、ネット印刷で安く印刷することができるので、外注してしまうのもおススメです。

プリントパックラクスル


既存患者さんに電話をする

新規患者さんを集客するよりも、何度か来院したことがある既存の患者さんに、また来てもらうほうがコストがかかりません。

「前はよく来ていたのに、最近来ていないなぁ・・・」

という患者さんがいると思いますので、どんどん電話をかけていきましょう。ハガキを送るよりも即効性があり、効果的です。

電話をする時は、

「もしもし、以前通っていただいていた〇〇整体院の〇〇ですが、〇〇さんでしょうか?
最近お顔を見ていないので、(主訴)の調子はいかがかな?と思ってお電話させていただきました!その後、(主訴)の調子は大丈夫そうでしょうか?」

といった感じでかけてみましょう。

「そろそろ行こうと思っていたところなのよ」「そうそう、最近また調子が悪くなってきて、どうしようかと思っていたところなのよ」と、再診につながることも多いものです。


無駄な経費を減らす

売上を上げることよりも、経費を減らすことの方が簡単です。

・最近使っていないサービスの月額使用料
・あまり効果を感じていない勉強会やセミナー代
・空いていることが多い駐車場の費用

などがあれば、すぐに解約をして経費を減らしましょう。

治療の腕を麿くことはとても大事ですが、残念ながら集客数にはあまり効果がありません。
まずは集客を増やし、売上を増やし、利益を少しでも出して、赤字から脱出することが大切です。

赤字の間は「今やるべきこと」に集中して、「やりたいこと」は黒字になってから行いましょう。


メニューを絞る

「このメニューを入れたら、売上や新規が増えるかも・・・」
「このメニューを入れたら、既存患者さんが受けてくれるかも・・・」

そんな淡い期待を胸に導入した新メニュー、効果は出ていますでしょうか?
次第にメニューの数が増えてしまっている整体院・整骨院も多いはずです。

集客において、メニューは増えれば増えるほど、集客しずらくなってしまいます。
なぜなら、選択肢が多くなると、患者さんが迷ってしまうから。

メニューはできれば1つ、どんなに多くても2~3つに絞ることが重要です。

対象を絞り、メニューを絞る。これが赤字院の復活において重要な集客数を増やすポイントです。


メルマガ・LINE@を解除する

勉強のために購読している無料メルマガやLINE@は、いますぐに解除してください。

入ってくる情報が多くなればなるほど、情報のインプットに時間を取られてしまい、作業する時間が削られていきます。

「メルマガを読んで、URLをクリックして、サイトを見ているうちに数時間が過ぎてしまった・・・」
「LINE@の通知が頻繁に来て、作業が途中で中断されてしまう・・・」
「動画を見ているだけで、なんとなく勉強した気分になってしまう・・・」

こんな経験がある先生も多いのではないでしょうか?

赤字の整体院・整骨院に必要なのは、勉強ではなく作業です。
すぐにメルマガやLINE@を解除して、インプットの量を減らしていきましょう。

勉強するのは黒字になってからでも遅くはありません。


自分で考えるのはやめて、他人の頭で考える

赤字の先生に限って、なかなか人にアドバイスを求めるのがニガテな人が多いようです。

「下手な考え休むに似たり」
という格言があることをご存知でしょうか?

集客の悩み、リピートの悩み、経営の悩み、すべてクリアしてきた繁盛院の先生や、何百・何千という事例を持っている治療院専門のコンサルタントに力を借りましょう。

プライドを捨ててアドバイスを求める。
そして、素直に教わった通り、大量に行動をする。

これが赤字を抜け出すために一番重要なことです。


お金を借りる

お金の余裕は、心の余裕です。
日本政策金融公庫・信用金庫などでお金を借りましょう。

そして、チラシやホームページ・PPC広告など、集客に直結する対策にお金を使ってください。

お金を使う代わりに、手間や時間をかけて集客をするのは、貯金に余裕がある先生のすることです。すべて無料でやろうとすればするほど、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

自宅で整体院をやっている先生など、固定費がかかっていない先生はよいですが、通常は時間がたてばたつほど、家賃や生活費などの経費が発生していき、どんどん赤字の額は膨らんでいきます。

まずは3か月分でもいいので、お金の余裕を作り、心を安定させた状態で集客の手を打つ。
「なんとしてでも黒字化させてやる!」という覚悟が決まったら、お金の余裕を作りましょう。


既存患者さんにヒアリングをする

赤字を抜け出すために、いま来院している患者さんにヒアリングを行いましょう。

・なぜ、当院を選んでくれたのか?
・なぜ、他院もあるのに当院に通い続けているのか?
・友人に当院を紹介するとしたら、どのように紹介するのか?

この3点をヒアリングしてみてください。

患者さんへのヒアリングから、あなたの院の強みや特徴を見つけ、そこをチラシやホームページで打ち出していく。これが集客の基本です。

院の強みや特徴を「考える」のではなく、患者さんへのヒアリングから「見つける」が正解です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
「整体院・整骨院が赤字を抜け出すため、やるべき10のこと」をご紹介してきました。

赤字で苦しい・・・という気持ちは痛いほどわかります(私もこれまで18年の会社経営で赤字を経験したことがあるので)

でもでも、辛い時こそ笑顔。
黒字化した時に、「あ~あの時は辛かったけど、本気でガムシャラに頑張ったよなぁ・・・」と、よい経験として思い出せるようにしていきたいですね。

ぜひ、1つ1つ実践していただき、集客と売上を増やし、赤字を脱出していきましょう!


松下 展平
松下 展平

株式会社プロデュース・アクティビスト 代表取締役。 治療院専門のコンサルタントとして10年で4000院以上の経営改善を行ってきた。集客・経営を体系的に学ぶ学校「維新会」を主宰。 また、HP制作システム「セルフル」や、顧客管理ツール「COCKPIT」、口コミサイト「ヘルモア」の運営を行っている会社の代表も務める。

整体院・整骨院の売上UPには「コツ」があります。
いまあなたが売上や新規集客で困っているなら、今すぐ無料でこのプレゼントをダウンロードしてください。

「知っているか」「知らないか」
それだけで、簡単に、翌月から売上がアップします。

【新規がなかなか増えない・リピートしてもらえない・単価を上げられない】という悩みは、たった5つのフローチャートに沿って「マネするだけ」で解決できます。


これまで約10年間で4000院のコンサルをして発見した、とてもシンプルな5つのフローチャートで、あなたも今すぐ売上を改善してください。