治療院専用ホームページ制作システム『セルフル』

ご利用者様の声

治療院専用ホームページ制作システム『セルフル』

ご利用者様の声

セルフルへの乗り換え後、月0人→月30人超の集客を達成。
これからもずっと、セルフルと共に歩んでいきます。

業態:整体院(愛知)
高瀬先生

「治療家やってて、何でセルフル使わないの?っていうぐらい、セルフルはすべての作業が快適です」と語ってくださった高瀬先生。セルフル導入前からホームページ運営はしていたものの、高額な費用をかけたにもかかわらず集客は一向にふるわなかったそうです。

セルフルに切り替えたところ、集客数が大幅にUPしてページ作成も非常にスムーズになったとのことで、導入のきっかけやセルフルの魅力について、インタビュアーが詳しくお話を伺いました。


まず、セルフルを導入された時のことを教えてください。

──セルフルを使う前は、元々ホームページはお持ちだったんですか?

高瀬先生:はい、持っていました。
僕、整体師になった当時、いわゆる大手のフランチャイズみたいなところに勤めていたんです。
それで、そこから独立するということになりまして、独立したらやっぱりホームページを作らなきゃいけない、ということで、そのフランチャイズでホームページを作っていた業者さんがあったので、紹介してもらってそこで作った、という形ですね。

──ああ、なるほど。では、前職の治療院さんで作っていたホームページ業者さんで同じように作られた、ということですね。

高瀬先生:はい、そういうことです。

──それをどうして「セルフルに乗り換えよう」と思われたんですか?

高瀬先生:はい。それが、そのフランチャイズでやっていた時って、そこのホームページがその当時はすごく優秀で、かなり集客できていたんですよ。web検索でも、全国1位になるようなところで。

──へえー!すごいですね。…でもそれって、逆にセルフルに変えなくて良かったんじゃないんですか?

高瀬先生:ええ、その当時は実績もありましたから、僕は施術だけやっていればいい、という状況だったんですね。
で、独立することになったら、実績もちゃんとあるホームページだから、そこを紹介してもらってそれで作ろう、と思っていました。

──なるほど、なるほど。

高瀬先生:で、いざ独立してやってみたんですけど、今度は検索エンジンなんかも色々アップデートされていたのもあって、順位が下がったりとか、上手くいかないことも色々出てきたんです。
そこのホームページというのが、本当に一からオーダーメイドで、カスタマイズして作るような感じなんですね。

──ああ、かなり自由度が高いものだったんですね。

高瀬先生:はい、そうなんです。
それで、やっぱりフランチャイズでやっていた頃は、本部はそれなりにお金もかけられますし、何でも本部の自分の好きなように作って積み上げていって成果が出ていた、ということだと今になれば分かるんですけど。

──なるほど。

高瀬先生:だけど独立してからは、正直そんなに資金もない中で、たとえばスーツで言ったらそれこそ「オーダーメイドの一流のスーツを作ろう」みたいな状況になってしまっていたわけで。

──ああ…かなり大掛かりな作業ですね、それは。

高瀬先生:そう、大掛かりなんです。で、お金も結構かかって、でも僕としてはホームページは自分で書き込みたかったんです。
「何ページ作って◯◯円です」みたいな、いわゆる業者さんがページ作ってくれるっていうのもあるじゃないですか?そういうのより、「自分の想いを書きたい」という考えがあったので…。

──ええ、なるほど。先生の想いを、ご自分でしっかりホームページに載せたかったということですね。

高瀬先生:そうですね。なので、そういうシステムを組んでもらったら、やっぱり余計高くついちゃって。結局技術料が40万ぐらいかかっちゃいまして。

 

独立前に働かれていたグループ院の紹介でホームページを制作された高瀬先生。
ですが、限りある予算の中で先生の想いが反映されたホームページを作るのは一筋縄ではいかなかったそうです。


──結構かかりましたね、それは。

高瀬先生:はい。でも、僕のイメージだとそのホームページって、最初はお金がかかっても、1回作っちゃえばあとは自動で回る、というようなイメージがあったので。

──なるほど。もう放っておいても集客も上手く回っていくんじゃないか、という風に思っていたんですね。

高瀬先生:そうそう、一時期頑張れば…。チラシだと、効果は撒いた時だけじゃないですか。
なので、「そういうものだな」と割り切って、「ちょっと今だけは頑張ろう」ってことで、お金もギリギリのところをどうにか頑張って作ったんですけど、これがもう鳴かず飛ばずで。
で、挙句の果てに、たとえば「デザインをちょっとこういう風にしたい」とか言うと、「じゃあ作り変えには◯◯円かかります」と。

──おお…もうどんどん費用がかさんでいく、って感じだったんですね。

高瀬先生:そのとおりです。
で、一番びっくりしたのは、見出しってあるじゃないですか?セルフルでも見出しの2とか3とかありますよね?あれの「見出しの色を緑に変えたい」って言っただけで、たったそれだけで「5千円かかります」とか言われて「ええっ!?」みたいな。

──「そんなにかかる?!」ってことですよね。

高瀬先生:そうなんですよ。それも相当しんどかったんですけど、さらにその保守料金ってのもあって…。

──ええ、毎月かかる費用ですね。

高瀬先生:はい。僕、無知だったので、そんな料金があるとは知らなくて。それも2万円もかかると言われたんです。

──まあまあ高いですね…それに加えて、諸々の修正費がかかるということですよね。ちょっと厳しいですね、それだと。

高瀬先生:厳しいです。それなのに患者さんは全然来なくて。
だから「集客できないんですけど、どうして前勤めていた院の時と同じようなこと書いたつもりでも今回はダメなんですかね?」って相談してみたんです。でも、「文章をもう少し改善してください」と言われるだけで、何かこう、どんどん「自分がダメなんだ」って自信がなくなっていったというか。

──なるほど…そうだったんですね。
その時にセルフルに出会われたんだと思うんですけれども、「セルフルを使ってみよう」となった決め手って、どういうところだったんでしょうか?

高瀬先生:はい。その当時、技術セミナーに参加した時に、とある院の先生を紹介していただいて、その先生からセルフルについて色々お話を伺ったんです。
で、聞いているうちに、それって僕がやりたいようなことが全部できるじゃん!みたいな話になっちゃったわけですよ。

──なるほど、高瀬先生の悩みを話したら、「それ全部解決できるよ」と?

高瀬先生:そう、「それ全部簡単にできちゃうんですよ」みたいに言われて、「何を悩んでいたんだろう」って思うぐらい。
とはいえ、その時自分はホームページで上手くいかなくて、言ってしまえば一度挫折しているわけですから、正直ちょっと傷付いていたんですね。
だから、話を聞いてからしばらくは「どうしようかな…もうお金もないし、でも患者さんが来ないままだと廃業しなきゃいけないし…」って感じで、悩んでいたんです。それで、結局2ヶ月ぐらい経ってから、思い切ってセルフルに変えたんです。

──そうだったんですね。ありがとうございます。
でも2ヶ月ぐらいは「どうしようかな」と考えていたところもあったと。そうですよね、成果が出ていないとはいえ、「やっぱりお金もかけたしな…」というのもありますし、すぐに乗り換えるのは躊躇しますよね。

高瀬先生:そうなんですよ、はい。

──なるほど。そんな時に、その親しい治療家さんからのお勧めがあって、「よし、乗り換えよう」と決められたということですね。分かりました。

では、実際にセルフルを使ってみて感じたセルフルの魅力を教えていただけますか?

高瀬先生:はい。まず、事実として、その40万かけたホームページは1年間、全く鳴かず飛ばずでして、セルフルに乗り換えた時にはもう患者さんもかなり少なかったんですね。
なので、時間だけは余裕があった、って感じで。で、1ヶ月ぐらいかけて、セルフルでページを作り込んだんですよ。

――おお…1ヶ月間、みっちり作り込んだというわけですね。

高瀬先生:はい。そうしたら、1ヶ月作り込んだその次の月から、SEOだけで20人も来たんですよ。

――おお、すごいですね。ということは、アクセス数も前より結構増えたんでしょうか?

高瀬先生:はい、増えましたね。でも、別に僕としては、前のホームページと違うことをやったのかっていうとそんなことはなくて、そこに書いてあったことをコピペしてきた感じなんですけど。だからそれだけ本当に、セルフル自体が良かったということでしょうね。
当時はSEO的にもとても優れていましたし、なおかつ、少ない知識…Wordが使えるとか、その程度のちょっとしたパソコンの知識だけで作れるようになっているというのがすごく快適で。

──なるほど、快適なんですね。

高瀬先生:ええ、快適なんですよ。ストレスフリーなんです、もうやりたいことが全部出来るので。

 

直感的に操作できて分かりやすいと評判の管理画面(左)
マニュアルサイトがあるので、操作方法をイチから覚えられます(右)


──はい。もう、あとは自分がどれだけそのセルフルに向き合うか、って感じなんですね。

高瀬先生:そうなんですよ。

──それはすごい、ありがとうございます。
それで、実際そこで成果も出されて…前は鳴かず飛ばずだったとおっしゃっていましたが、というと集客もゼロに近い状態だったのかなと思うんですけど。

高瀬先生:そうです、そうです。

──実際、セルフルに変えてからの最高記録ってどれぐらいなんでしょうか?月間で。

高瀬先生:月間で…それは新患数ですか?売上?

──あ、そうですね、ホームページを見て問い合わせが来た数ですね。売上ではなくて、ホームページからの問い合わせ数とかってどれぐらいだったりしますか?

高瀬先生:ああ、たぶん、30~40ぐらいだと思うんですけど。

──おお…素晴らしいです。

高瀬先生:ええ。ただ、僕自身が1人でやっているので、たとえばPPCとかも本当に少額しかやっていないんですけど、おそらくもっと費用をかければかけるだけ来るんじゃないか、とも思います。

──確かに確かに。
あと、先生は症状ページもかなり増やされているので、やっぱりその30人から40人も来られているというのは、そこも1つキーになっているのかな、とも思うんですけれども。

セルフルを使う前は、症状ページを増やすってこともそんなにされていなかったですか?

高瀬先生:いえ、やっていたんです。前の整体院のホームページというのは、症状ページを作って集客する…その当時はレターページって言っていたかな。

──あ、やっていたんですね、レターページを。

高瀬先生:はい。そういう、ある意味最先端のようなことはやっていたんですけど。
だけど、結局そういうのって、フランチャイズのような大型の所だからできたやり方で、それを個人でやるとなると、お金もかなりかかるし、自由度もないなと痛感しました。
そこを、セルフルでは個人でも本当に分かりやすく、症状ページもすぐに作れるし、動画も載せられるし、写真も簡単に貼れるし…って良いことばかりで。もう他に変えようがないし、変えるつもりもないですね。

──なるほど、ありがとうございました。もう、これからもずっと、セルフルと共に歩んでいくという感じですね。

高瀬先生:はい、セルフルと共にです。

セルフルはどういう人にお勧めですか?

──では、最後の質問です。
今、セルフルの導入を検討されている方が結構いらっしゃるんですが、そういう方に向けて、「こういう人ならセルフル、絶対ハマるよ」という、そんな方ってどんな人だと思いますか?

高瀬先生:ええと、そうですね…まあ、「セルフルにハマんない人なんているの?」って正直思うんですけど。

──あはは、名言出た。

高瀬先生:「絶対みんなやった方が良いでしょ」って話なんですけど。

──確かに、そうですね。使わない理由がないですよね。

高瀬先生:そう、理由がないんですよ。「治療家やってて、何でセルフル使わないの?」って思っちゃうぐらい、色んな作業が快適にできるだけでもすごいのに、アップデートもこまめにしてくれるじゃないですか。「こんなこともできるようになりました」って。
そんな進化していくホームページって、「他ではないでしょ」って思っちゃうんですよね。

──はい、そうですね。まあ…たぶん、やっているところは少ないと思いますね。

高瀬先生:ね、そうですよね。

──はい。私共も、「なるべく他ではやっていないことをやろう」というのを考えてやっていますので…。正直それが、僕らも大変っていうところもあるんですけど、だからこそ先生方に喜んでいただけるのかな、とは思ってますね。

高瀬先生:ありがとうございます。それで月々7千円って、激安だなと思って。

──そうですよね、かなり安いとは思います。

高瀬先生:その前は2万円だったので…。「前払ってた2万円の保守料って何だったんだ」って思うぐらいですけど。
あと、僕がセルフルをやっていてすごく感じたのは、“治療家としての自分“がホームページに投影されるものだなっていうことで。

──ああ、確かに。もう、写し鏡みたいな感じですよね。

高瀬先生:そうなんですよ。で、通常のホームページシステムだと、なかなか自分の想いをそこに投影できないんですよ、純粋に難しかったり、やりたいことがあっても、お金がかかりすぎて上手くいかなかったり。そこがネックになることがあったんですよね。

──ええ、ええ。

高瀬先生:セルフルはそういうことが全て簡単にできるようになっているので、本当に自分がそのままページに出るというか。

──なるほどなるほど。できないことがなさすぎてってことですよね。

高瀬先生:そうそう。

──もう、ホームページに載せていないということは、そういう治療院なんでしょ、そういう先生なんでしょ、と思われちゃいますもんね。

高瀬先生:そういうことなんです。だから、もしセルフル使って患者さんが集まらなかったら、自分に問題があるんだろうな、と思えるというか…。

──確かに…。うーん、深い話ですね、すごく。

「セルフルのホームページは、“治療家としての自分”が本当にそのまま投影されます。」
ホームページで先生の魅力が伝わることで、月30人以上の集客が可能になりました。


高瀬先生:だから本当、やりながら「俺ってどうして治療家になりたかったんだっけ」とか改めて考えてそういう情熱を書くとか、「こういう人に来てほしいんだ」みたいな情熱を書いたら、それに患者さんが反応してくれるってことを実感して。だからすごく患者さんとの距離も近くなりましたし。

──ああ、なるほどですね。

高瀬先生:来てくれた患者さんは、もう自分の書いた文章を読んできてくれているから、まさに自分が来てほしい患者さんが来てくれることが多いですし、だからすごくやりやすかったりとか。そういうのは感じますね。

──ええ、ええ。
では、そういう今の自分をもう少し見つめ直してもらう、ということにもセルフルは役立つし、もちろん最初に先生がおっしゃっていたように「集客で悩んでいる」という方も絶対セルフルを使った方が良い、という感じでしょうか?

高瀬先生:はい、それはもう、もちろんですよね。絶対セルフル使わないと…僕も本当に救われましたから、セルフルに。

──ええ、ありがとうございます。

高瀬先生:「自分が治療家として患者さんを救いたいんだ」っていう気持ちをちゃんと持ってる人だったら、セルフルを使えばきっと成功すると思いますね。

──なるほど、ありがとうございます。ではそういう方々に、是非使っていただきたいな、ということで。
本日は貴重なお話をたくさん、ありがとうございました。インタビューを終わらせていただきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

高瀬先生:はい、こちらこそ。ありがとうございました。

※これは個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

\ その他にもこんな声を頂いています! /

業態:整骨院(徳島)鎌倉先生

1時間の作業が10分に!
大幅時短でホームページ作りの面倒臭さが解消し、集客UPも達成しました。

詳しく見る >

業態:整体・治療院(岐阜)小原先生

セルフル移行で制作費65%削減→なのに集客するホームページに大変身?!
使いやすさ、機能、アフターサービス...すべてに満足しています。

詳しく見る >

業態:カイロプラクティック(東京)松本先生

僕みたいに全然システムに詳しくない人間でも簡単に更新でき、無駄な時間がかからないというのは大きいです。

詳しく見る >