catch-img

前置き次第でリピート率がアップする

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■会話に「前置き」してますか?

先日のことです。

仕事と仕事の間にちょっと時間ができたので、

近くの治療院にふらーっと入ってみました。

そこで「これはモッタイナイなー」という

問診・施術があったので、改善点を含めて

シェアしてみたいと思います^^

※主訴は「腰痛」です。

まず、問診中にプライベートなことまで

結構突っ込んだ質問をされました。

・ご結婚はされていますか?

・お子さんはいらっしゃいますか?

・ご家族で同じ腰痛の方はいますか?

あまりに矢継ぎ早に聞かれるものだから、

ちょっとビックリしてしまい、

「それって治療と関係ありますか?」

・・・と逆に質問してしまったくらいです(汗

そして、問診の最後で言われたのは

「松下さん、腰痛がなくなったらやりたい夢はありますか?」

松下:「夢????・・・ですか?」

先生:「はい!」

これ、気持ちはすっごくわかるんです。

たぶん、この先生は「腰痛がなくなったら何をしたいですか?」

と聞きたかったんです。そして、ゴールまで一緒に頑張りましょう!

・・・と言いたかったのだと思います。

でも、いきなり「夢は?」と聞かれても

なかなか言葉が出てきません(汗

施術をしていただいて腰痛は楽になったものの、

最後まで関係がギクシャクしてしまい、

次回予約は取らずに院を出てきてしまいました。

ちょっと極端な例かもしれませんが、

あなたも同じようなことをしてしまった経験はありませんか?

この例でモッタイナイのは、

「ちゃんと前おきしてから質問してくれたら・・・」
================================================

ということです。

■繁盛している治療家さんは、

質問をする時の「前置き」がとっても上手。

プライベートなことを質問するときは・・・

========================================
これから体を治療していくんですけど、

お体の状態や根本的な原因を把握するために、

症状だけではなく、少しプライベートなことも

お聞きするんですけど、大丈夫ですか?
========================================

と一言「前置き」をしています。

また、さっきの例で出た「夢」のことを質問するなら

==================================================
痛みがあると、やりたいことができない時って

ありますよね。私も昔、足にしびれがあったんですけど、

改善したら思いっきりゴルフやりたい!って夢が

あったから、じっくりと腰をすえて治療をすることが

できたんです。

松下さんは、腰痛が良くなったらこれをしたい!

っていう夢とかはありますか?
==================================================

と「前置き」してくれていたら、私もスムーズに答えられたはず。

つまり、「前置き」次第で患者さんとの関係を

良好に保つことができ、リピート率が上がるんです^^

他にも、「メンテナンスで通いませんか?」

と提案するとき、いきなり提案するのと、

家でできるセルフケアをお伝えしたあとに、

=============================================
いまお伝えしたようなケアが家でちゃんとできれば、

良い状態をしっかりとキープすることができますよ。

もちろん、お忙しいと思うので、月に1回でも

メンテナンスで通っていただき、私のような体の

専門家に体のケアを任せてしまうという方法もありますね。
=============================================

と前置きをしたうえで、

「もしよかったら、月に1回でも通って良い状態をキープしませんか?」

と提案していただけるのでは、リピート率が全然違ってくるのです。

せっかく素晴らしい施術ができていても、

「会話」で損をしている先生がいるかもしれませんね。

スムーズにコミュニケーションを取るための会話って、

ほんの少しだけ勉強すれば身につけることができます。

ぜひ、今日のメールでお伝えした「前置き」を

実際の問診や施術で使ってみてくださいませ。

きっと効果を実感できますよ^^

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。