【たった一言】患者さんとの距離の縮め方で、リピート率がアップする。

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■患者さんとの距離の縮め方で、リピート率がアップする。

さて、ここからが本題です。

たった一言、患者さんにかける言葉を変えるだけで、

リピート率がアップするという事例を話していきます。

あなたは、患者さんに声をかけるとき、

・「私は~」で話しかけていますか?

・「僕は~」で話しかけていますか?

結論から言います。

男性の治療家さんは、「私」ではなく「僕」で話しかけたほうが、

リピート率がアップします。

(この後に、女性の治療家さん向けの内容も含まれているので、

女性の方もこの先をぜひお読みください^^)

「えっ、そんなこと??」

そう感じる方がいると思うのですが、「こんな単純なこと」で

リピート率がアップしたり、ダウンしたりするんですよ^^

なぜなら、「人称」の使い方で

院内の空気感や、患者さんとの距離感が変わるから。

普段、「私は~」を使っている先生も、大切なところや

「ここは絶対に伝えたい!」という部分では、「僕は~」を

使うことで、患者さんとの距離感を縮めて、リピート率を

アップさせることができるんです。

■こんな事例もあります。

ある先生は、施術に自信もある、院内も清潔だ、

初回対応のトークもしっかりやっている。

・・・でも、リピート率が悪い(泣

そんな状態に陥っていました。

「どうしたものか・・・」

少し考えた末、普段の患者さんとの会話をいくつか

録音していただくことにしました。

(もちろん、患者さんの許可はいただいております)

そして、録音された会話を聞いてみると、、、

「先生、これはリピートしないですね~」

問題点がいくつか見つかったんです。

■改善してもらった3つのポイント。

1つ目

【三人称を使わないでください】
============================

施術が終わった後、その先生は患者さんにこう言っていました。

「痛みがでたら、当院までスグにご連絡くださいね」

なんか距離感感じますよね?

それを、

「痛くなったら、いつでも僕に連絡くださいね」

に変えてもらっただけ。

距離感が縮まったのがわかりますでしょうか?

二人称は、距離を縮める言葉。

三人称は、距離を広げる言葉。

これを覚えておくだけで、リピート率に変化が起こります。

2つ目

【話の途中に、質問しましょう】
============================

初回の問診や施術中、その先生は患者さんに一生懸命

からだの状態のことを説明していました。

でも、ここがマズイんです(汗

全部、「いま○○という状態なので、○○になっています」

という【言い切り】をしている。

一方的な情報提供になっていて、患者さんと「会話」できていない。

そこで、話の途中で必ず1~2回、

「○○さんは、どう思いますか?」

「○○さん、ここを○○すると違和感ありますよね?」

などと、質問を入れてもらうようにしました。

相手の名前を呼びかけて、質問をするだけで、

自然と患者さんと「会話」になり、距離感が縮まっていくんです。

3つ目

【私は~という枕をつけないでください】
===================================

この先生、話をするときに「私はね、」と頭に枕を

つけるクセがあったんです。

私はね、この症状に関して患部じゃなくて骨盤から矯正していきます。

これを、意識的にやめてもらいました。

なぜ、「私は」をやめるとリピート率がアップするのか?

それは、「私は・・・」という言葉を最初につけることで

「私とあなた」という距離感を広げてしまうからです。

「私は」という枕がなくても意味はちゃんと通じますので、

そういう主語を削除しても意味が伝わる場合は、主語はないほうが

リピート率があがるんです。

さて、いかがでしたでしょうか?

この3点を改善しただけで、リピート率がアップして、

この先生は売上を伸ばすことができました♪

ほんの少し意識して、会話を変えるだけで、

リピート率ってアップするんです。

もちろん、患者さんとの心理的距離は

「近ければ、近いほどいい」というわけではありません。

ちょっと近づきがたいほうが、信頼されたりすることもあります。

でも、こういう「人称の使い方」や「言葉の使い方」を知っておくと、

患者さんとの【間合い】を取りやすくなりますよね^^

ぜひ現場で使って、患者さんとの

適切な距離感・間合いを作ってみてくださいませ。

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。