Original

HPで文章を書く時のポイント・最新系の治療院ノウハウ

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

さて、今日のテーマは「HPで文章を書く時のポイント」。

・HPを自分なりにはしっかり作っているのに、集客できない
・文章がうまく書けなくて悩んでいる

という悩みはありませんか?

これまで何百という治療院のHPを添削してきましたが、
「文章が書くのが得意!」という先生はほとんどいません。

しかし、あるポイントを押さえることさえできれば、
集客につながる文章がちゃんと書けるようになります。

今日は、そのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います^^

======================
1:患者さんが使う言葉を使う
======================

HPは患者さんが読むものです。

つまり、患者さんが日常的に使う言葉で
文章を書く必要があるのです。

======================
2:言いたいことではなく、言ってほしいことを書く
======================

自分が患者さんに伝えたいことだけのHPになっていませんか?

言いたいことを書くのではなく、患者さんが言ってほしいことや、
知りたいことが書かれているのか?をチェックしてみてください。

======================
3:1段落で、伝えることを1つに絞る
======================

文章の1段落で、伝えたいことを1つに絞り込めていますか?

あれもこれも書くのではなく、この段落では
「これを伝えたい!」という内容を1つに絞ってみましょう。

======================
4:小難しいことは来院してから
======================

自分の院の魅力や施術方法を知ってもらおうとして
文章を詳しく書きすぎていませんか?

伝えるべき内容はいろいろあると思うのですが、
「これは来院してから伝えればいい」という部分は
思い切ってHPの文章から削ってしまいましょう。

======================
5:箇条書きをいっぱい使う
======================

自分のことを思い出してみるとわかると思うのですが、
そもそも人間は文章を読むのが苦手です(汗

でも、箇条書きになっていれば読みやすい。

だからこそ、文章で伝えるのではなく、
重要なポイントを箇条書きにできないか?
を考えてみてください。

3つくらいに絞って、

・うちの特徴は3つです。
・不調の原因を、当院では〇〇と〇〇だと考えています。
・施術の特徴は3つです。

など、数字を出して箇条書きで伝えると
患者さんに内容が伝わります。

さて、いかがでしたでしょうか?

集客できるHPを作るために、うまい文章を書く必要はありません。

大切なのは、うまい文章ではなく、
わかりやすい文章。

ぜひ今回お伝えした5つのチェックポイントで、
あなたのHPを確認してみてくださいね^^

先生は大丈夫? 多くの治療院が失敗した はじめてのホームページ制作

・そろそろHPを作らないと・・・
・でもせっかく作るんだから失敗はしたくないな
  
そんな先生の不安を解消するために弊社が今まで治療院の先生から聞いた、数あるお悩みの中からHP制作の失敗談を資料にまとめました。
  
これを見れば、これからHPを作ろうと考えている先生も地雷を踏んで後悔・・・なんて失敗も防げます。
  
この資料で分かること
・無料HPサービスを使うべきか?
・どんな業者さんにお願いすべきか?
・HP制作において集客に必要な要素は何か?
などなど・・・
  
無料なので、お気軽にダウンロードしてください。