バックナンバー 松下 展平 経営者マインドをつけたい

行動できる人になる方法

投稿日:

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

 

今日のテーマは「行動力」。

あなたは
・もっと行動力をアップさせたいな・・・

と思ったことはありませんか?

これまで約10年間、治療院のコンサルをしてきて、
成果のでる先生は100%の確率で行動力があります。

逆に、苦労されている先生をみると

・やらなくちゃいけないのはわかるけど、
なかなか実践、行動ができない

・やるべきことはわかっているど、
どうしても行動に移すのに時間がかかってしまう

という悩みをお持ちなのです。

そこで、今日は少しだけですが、
効果実証済みの「行動できる人になる考え方」
を紹介していきたいと思います。

◆考えてわからないことは、やってみる

治療院の経営や集客って、考えても答えがでないことが多いです。

・このキャッチで集客が増えるかな?
・広告をかけたら集客が増えるかな?
・このハガキを送ったら再診が増えるかな?
・このトークでリピート率があがるかな?

これって全部、やってみなければわからないこと。

だから、考えても正解・答えが出ないものは、
とりあえずやってみる。

テストしてみて、ダメだったら修正すればいいやと
考えているので、どんどん行動できるのです。

逆に、正解を見つけないと・・・何が正しいんだろう・・・
と考えるクセがある先生は、なかなか行動できないです。

◆失敗なんてない、と考えている

人間だれしも失敗なんてしたくないですよね?
でも、失敗しないように・・・と考えていると、
どうしても行動が遅くなってしまう傾向にあります。

行動力のある先生は、経営・集客に失敗なんてない
と考えています。

やってみてダメでも、それは失敗じゃないんですよね。
その方法がダメだとわかったので「チャレンジ成功」。

どんどん「これはダメだとわかった」を積み重ねた結果として、
「お、これはうまくいった」という成功が手に入るのです。

◆行動が遅いと、不安が増えることを知っている

治療院の経営をやっていると、どんどんやるべきことが増えてきます。
つまり、行動が遅くなればなるほど、仕事が大変になることを知っているのです。

逆に、うまくいっても、いかなくても、
どんどん行動することで、不安が消えていく。

不安って、「〇〇になったらどうしよう」なので、
行動できていないことが多くなると、どんどん不安が増えてしまいます。

◆苦手なのではなく、慣れていないだけ、と考える

「どうしてもパソコン苦手なんですよね・・・」
「文章書くのって苦手なんですよ・・・」

こんな相談を頂くことが多いのですが、苦手じゃなくて
ただ単に慣れていないだけ、です。

誰しも、はじめてパソコンに触った時は
慣れていないから、よくわからないし、時間もかかります。

文章を書くのだって一緒ですよね?

もし、治療家になって3か月目の新人さんが
「施術が苦手なんですよね・・・」なんて言っていたら、

「いやいや、苦手とかそういう問題じゃないでしょ・・・」
と思いませんか?

苦手だなぁ・・・と感じることも、徐々に慣れていけば
誰しもがある程度できるようになるものです。

人間の能力なんて皆ほとんど同じ。
これまでに、どれだけ時間を使って「慣れる」という
作業をしてきたか、が大切なのです。

さて、いかがでしたでしょうか。

少し考え方を変えるだけで、
一歩を踏み出す力が湧いてきます。

考え方を変えて「行動力」を少しでもアップすることで
集客も経営もよい方向に転がりだすものです。

参考にしてみてくださいね!

-バックナンバー, 松下 展平, 経営者マインドをつけたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.