バックナンバー 松下 展平 経営者マインドをつけたい

メニューや物販が増えると売上が落ちる

投稿日:

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

 

数日前、こんな相談をある先生からうけました。

「松下先生、売上をあげるために、メニューの数を増やして、
物販商品も増やしたのですが、逆に売上が下がってしまいました。。。」

「どうしたら、もっと売れるようになりますか??」

さて、あなたならどう答えますか?

この先生のように、売上をあげるための方法として、

・施術メニューを増やした
・美容のメニューも取り入れた
・物販商品を増やした

という経験がある先生もいるのではないでしょうか。

「メニューが増えれば、違うメニューも受けてくれるかも」
「商品が増えれば、複数買ってくれるかも」
「違う層の患者さんを開拓できるかも」

このように思って、メニューや物販メニューを増やすと思うのですが、
残念ながらほとんどの場合は失敗に終わります(泣

なぜか。
それは、メニューや商品が増えても、

【あなたが使える時間は同じだから】です。

しかも、メニューや物販商品が増えると、
見えないコストがかかるんです。。。

・売り方を覚えるための時間
・新しいメニューのページを作る時間
・新しいメニューの集客をするコスト
・メニューや商品の内容を説明するための時間

これらは見えないコストになり、経営を圧迫する。

だから、多くの場合で新メニューや新商品(物販)は、
あまり売り上げ増につながらない。

もちろん、メニューを増やしたらダメ、
物販商品を増やしたらダメ、と言っているわけではありません。

メニューを増やして、物販メニューを増やして、
売上も増える時というのは、

・スタッフが増えてきた時
(使える時間が増えてきた時)

なのです。

スタッフが増えるまでは、できるだけ
・施術メニューは少なくする
・物販商品は1つに絞る
ことで、売上を増やしていきましょう^^

そして、スタッフが増えて、施術に慣れてきた
タイミングで、スタッフでも比較的簡単に施術できる、売れる

・新メニュー
・新商品

を導入する。

これが、売上を増やすためのセオリーです^^

先生の使える時間が増えていない時に、
メニューや商品を増やさないようにしてみてくださいね。

もし、すでにメニューがいっぱいあったり、
物販商品がドンドン増えてしまっている先生がいたら、

・あまり受ける人がいないメニューをやめる
・あまり売れない商品の取り扱いをやめる

これをやっていただくと、やるべきことが明確になり、
売上アップのきっかけになることが多いのでお試しください!

-バックナンバー, 松下 展平, 経営者マインドをつけたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.