バックナンバー 松下 展平 経営者マインドをつけたい

「やらない勇気」ありますか?

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

さて、今日のテーマは「やらない勇気」。

これまでコンサルタントとして、さまざまな治療院の

集客や経営をアドバイスするなかで感じたことを書きますね^^

お伝えしたいのは、

「やったほうがいいこと」をやると繁盛しない
===================================

・・・ということ。

大切なのは、いかに「やったほうがいいこと」をやらずに、

「やるべきこと」に集中することです。

つまり、「やらない勇気」が大事。

よく質問を受けるパターンが、

「〇〇をしたほうがいい、って聞いたんですけど、

やったほうがいいですか?」

という質問です。

「やったほうがいいですか?」と聞かれれば、

やらないよりも、やったほうがいい。

でも、その「やったほうがいいこと」をやることこそが、

治療院の繁盛にブレーキをかけていることに気付いてほしいのです。

例えば、、、

・ブログ、やったほうがいいです。

・チラシ、やったほうがいいです。

・アクセス解析のチェック、やったほうがいいです。

・HPのデザイン変更、やったほうがいいです。

・PPC広告、やったほうがいいです。

・口コミサイトへの登録、やったほうがいいです。

・文章を書く勉強、やったほうがいいです。

・プロに写真を取ってもらうこと、やったほうがいいです。

・高額メニューの導入、やったほうがいいです。

・プリペイドの導入、やったほうがいいです。

・院内の張り紙、やったほうがいいです。

・ニュースレター、やったほうがいいです。

・健康教室の開催、やったほうがいいです。

・・・、もう「やったほうがいいこと」って

キリがないくらいあるんですよね(苦笑

勉強熱心な先生であるほど、あれもこれも・・・と、

アイデアがあふれて「やったほうがいいこと」が溜まっていく。

でも、それって本当にあなたが今「やるべきこと」でしょうか?
================================================

それぞれの打ち手1つ1つを見ると、

「やったほうがいいこと」なのですが、

経営を伸ばすために今「やるべきこと」なのか?というと

そうではないことが多いんです。

「やったほうがいいこと」ばかりをやっていると、

「やるべきこと」がおろそかになり、なかなか繁盛しない。

なかなか繁盛しないから、新しい情報を仕入れるために

いろんなセミナーに顔を出して、

また新しい「やったほうがいいこと」を仕入れてくる。

そんな悪循環にはまっていませんか?

治療院経営を伸ばすためには、

いかに「やったほうがいいこと」を排除して、

今「やるべきこと」だけに集中するか?です。

勇気を出して、「やらない」という選択をする。

とっても大切なことですね^^

-バックナンバー, 松下 展平, 経営者マインドをつけたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.