バックナンバー 経営者マインドをつけたい 金谷武士

弱者なのに強者の戦略とっていませんか?

更新日:

こんにちは!

治療院応援プロジェクト「アツメキ」の金谷です。

さて、今日のテーマは

「弱者なのに強者の戦略とっていませんか?」です。

ランチェスター戦略っていう経営戦略を

聞いたことはございますか?

私はこのランチェスター戦略が

治療院の戦略にぴったりだと思っています。

細かいな話をすると難しくなるので、

治療院さんに合った考え方だけ

ピックアップして説明しますね。

ランチェスター戦略では自社がその市場において

強者なのか弱者なのかによって戦略が変わります。

「あなたは弱者ですか?」って聞かれると

「違うよ!!」って言いたくなりますが、

この戦略の考え方では、その分野で地域NO.1のシェアで、

2位と圧倒的なシェアを取っている場合のみ強者で

それ以外は弱者と定義します。

例えば、腰痛の治療に自信を持っている先生も

同じ地域に腰痛治療で圧倒的な知名度と

実績を誇る治療院があったとしたら

あなたの治療院は腰痛というカテゴリーでは弱者になります。

強者は徹底的に弱者を叩く
==============================

強者の治療院はきっとあなたよりも、知名度も高く、

資金も豊富だと考えられます。

ランチェスター戦略では強者になったら

徹底的に参入障壁をあげていきます。

・同商圏内で店舗を増やす

・PPC広告の費用をあげて1位を独占する

・メディアなどにもでて知名度を上げる

・・・など、強者の戦略を次々とっていきます。

この強者に真っ向勝負を挑んでる

治療院さんが非常に多いように思います。

ランチェスター戦略には、強者の戦略と弱者の戦略があります。

真っ向勝負を挑むものいいですが、お金も時間もかかり、

勝てるかどうかもわかりませんので私はおすすめしません。

弱者は強者になれるところを探す
==============================

ランチェスター戦略での弱者の戦い方は

とくかくNO.1になれるところを探します。

例えば、どうしても腰痛で勝負したいのであれば、

腰痛の中でも脊柱管狭窄症に特化して、

そこの市場だけは強者から奪い取る一騎打ちをしかける

もしくは腰痛にこだわりがないのであれば、

ニッチな市場を探し、すぐにでも1位になれる症状を

狙っていく局地戦。

これが弱者の治療院がとるべき基本的な戦略です。

一度、あなたの治療院が強者なのか、弱者なのか考えて見て、

とるべき戦略をとっているのか考えてみてください。

今週も最後までお読みいただきありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来週の予告生きている情報をお届けします!

「圧倒的な強者になっていますか?」です。

楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-バックナンバー, 経営者マインドをつけたい, 金谷武士

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.