ネット集客を成功させたい バックナンバー 金谷武士

産後のママを集客するためには

更新日:

こんにちは!

ヘルモアの水曜メルマガを担当している
集客仕組み化プランナーの金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための
「生きてる情報」をお届けしております。

さて、今回はちょうど良い質問をいただいたので
予告と内容を変更して

「産後のママを集客するためには」

についてお話させていただきます。

いやー、地震怖かったですね。
関西の治療院さんはみなさんご無事でしょうか?

私が住んでいる地域は震度5でした。
中学生の頃に経験した阪神大震災を思い出しました。

ちょうど0歳の次女をだっこしていたのですが、
縦揺れがきた瞬間に「やばい!」とおもって
すぐにテーブルの下に次女を連れて潜りました。

これも震災の教訓が活かされていた
行動だったのかなとおもいます。

集客でも散々リスクに備えましょう
ってお伝えしましたが、

いざときに備えている人と、そうでない人で
大きく結果が変わるはずです。

さて、今日の本題ですが、
先週、クライアントさんからこんな質問いただきました。

「産後のママを集客したいのですが、
”産後腰痛”とか”産後◯◯”っていう
症状ページ増やすといいですか?」

という質問です。

産後の人をターゲットにしている治療院さんも多いと思いますが
PPC広告を使って集客をする場合、症状ごとにページを作ってあげることが
もっとも効果を上げやすい方法であることは
以前からずっと私がお伝えしていることです。

じゃあ、産後のママを集客したいのであれば

・産後の腰痛
・産後の肩こり
・産後の骨盤矯正
・産後の?鞘炎

といったように、細かく分けた方が集客できるのではないのか?

そんな意図のご質問でした。

確かに産後のママをターゲットにするのであれば、
細かく分けた方が良いとは思います。

ですが、実際には「産後腰痛」「産後骨盤矯正」というキーワードの
検索需要がそれほど多くありません。

大都会であればいいですが、地方であれば
ほとんど検索されないと思ってもらっても良いかと思います。

ただ「産後腰痛」「産後骨盤矯正」って需要がないんだ。
って思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

産後の腰痛に悩まされている人が治療院を探すときに
「産後」というワードをわざわざ入れないだけです。

普通に「腰痛」や「骨盤矯正」と探している人の中に
産後のママが含まれているということです。

ということは、産後のママを狙って取ろうとして
細かい症状ごとにページを作るよりも

腰痛や骨盤矯正のページにしっかりと産後のママに響く内容を
いれてあげることが大切です。

ただ単に、キッズスペースがあります・・・ということを
掲載するといったことではなく、産後のママが
不安に感じているであろうことを想像して、
それを全て潰してあげることです。

例えば、赤ちゃんをバウンサーに乗せて、
そのすぐ横で施術を受けているママの写真を掲載するこれだけでも

「施術中は赤ちゃんが目に届くところにいる」

という安心感につながりますよね

特定のターゲットを狙って集客しているページを増やすだけでなく、
その人の不安をしっかり取り除いてあげられているか
よく考えてみてください。

今週も最後までありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来週の予告:生きている情報をお届けします

「集客はやってみないとわからないは嘘!?」です。

楽しみにお待ちください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-ネット集客を成功させたい, バックナンバー, 金谷武士

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.