バックナンバー リピート率を上げたい 松下 展平

成功パターン、失敗パターン

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■成功パターン、失敗パターン

さて、今日は「パターンとタイプ」の話。

パターンとタイプを知ることで、

治療院は劇的に繁盛します。

例えば、あなたは自分の「成功パターン」と

「失敗パターン」をちゃんと理解しているでしょうか?

これ、めっちゃ大切な視点です。
=============================

治療院の経営者って、2パターンしかありません。

1つ目のパターンは、

・直感で決めたことがうまくいき、
じっくりと考えて決めると失敗する人。

2つ目のパターンは、

・直感で決めると失敗して、
じっくり考えて決めるとうまくいく人。

さて、あなたはいかがでしょうか?

過去の仕事や人生を振り返っていただき、

自分の成功パターンと、失敗パターンを知る。

パターンがわかれば、

あとは、成功パターンだけを実践する。

私(松下)という人間は、2つ目に紹介した

・直感で決めると失敗して、
じっくり考えて決めるとうまくいく人。

です。

だから、絶対に経営判断は「熟考」します。

絶対に直感では決めません。

もう10回以上、痛い目を見ましたから・・・(苦笑

さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?

■患者さんのタイプを見分ける

治療院の経営者に2つのタイプがあるように、

患者さんにもタイプがあります。

例えば、【血液型】というのも「タイプ」の1つですよね^^

ここで大切なのは、

「患者さんをひとくくりで見ない」ということ。
==========================================

○○症の患者さんって、○○だよね。

女性の患者さんって、○○だよね。

当日予約の患者さんって、○○だよね。

保険の患者さんって、○○だよね。

このように、ひとくくりで見てしまうのは、

経営にとってすごくマイナスなのです(汗

なぜなら、人間にはタイプがあるから。

なぜなら、人間にはタイプがあるから。

なぜなら、人間にはタイプがあるから。

大事なことなので、3回書きました^^

「でも、どうやってタイプを見分けたらいいの??」
==============================================

答えは、それぞれにどんなタイプがあるかを

しっかりと学ぶことです。

例えば、当日予約の患者さんには、3つのタイプがあります。

1つ目のタイプは、

・急性の不調をかかえている方

症状が改善するとリピートしなくなる方が多いですが、

短期間で改善してあげることができれば、

口コミ・紹介をしてもらいやすいタイプです。

※紹介のもらい方は、また次回以で^^

2つ目のタイプは、

・今日だけの方

比較的症状が軽く、いまこの瞬間のだるさや

コリ・不調を改善するために来院されます。

無理にリピートを促すと逆効果なので、

「また何かあったら、いつでもご連絡くださいね~」と伝える。

そして、あとは忘れられないように定期的に

ハガキやメールで接触することで、繰り返し来院されます。

3つ目のタイプは、

・スマホユーザーで、じっくりと院選びをしている方

このタイプは比較的症状が重く、しっかりと説明をして

施術をすることで、リピートしていただく事ができ、

さらにファンになって、長く通い続けてもらいやすい方です。

「当日予約は、ね。。。」という見方をしている治療家さんも

中にはいるようですが、とっても大切な患者さんなのです^^

(もちろん、来院されるすべての方が大切な患者さんです!)

さて、いかがでしょうか?

ポイントは、患者さんを「○○な人は・・・」と

ひとくくりで考えないこと。
========================

タイプを知り、タイプごとの対応をするとで、

治療院の経営をドンドン伸ばしていくことができるんです^^

ぜひ、患者さんをひとくくりにせず、

「この人は、どんなタイプだろう?」という見方で

施術や対応をしてみてくださいませ。

-バックナンバー, リピート率を上げたい, 松下 展平

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.