バックナンバー 松下 展平 経営者マインドをつけたい

地域で一番になることは難しいのか?

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■地域で一番になるのは難しいのか?

さて、今回は治療院を経営していく中で

とっても大切な考え方の話。

この考え方が理解できていると、患者さんが

自然と集まってくる治療院が作れるんです^^

日本で一番高い山は?

=富士山

では、日本で二番目に高い山は?

=?????

これに象徴されるように、一番と二番の間には

大きな差がありますよね。

だから、治療院を繁盛させようと思ったら、

やっぱり【地域で一番】を狙ったほうがいいのです。

■戦って、ライバルを抜き去り、一番を取るのか?

経営って聞くと、なんだか「戦い」だと思っている

治療家さんが多いような気がして、ちょっと悲しくなります(泣

「地域で一番なんて、難しいですよ~」

そういう治療家さんは、

ちょっと勘違いをしているかもしれません。

繁盛している治療家さんを、よーーーく見てみましょう!

誰も「戦い」なんてしていないんです
==================================

逆に、繁盛していない治療院のほうが、

ライバルを気にして色々やっている・・・。

これに気づくと、経営のやり方が変わってくるんです。

■地域で一番になる2つの方法

1つ目の方法は、対象を限りなく絞っていくこと。

誰にでも得意・不得意ってありますよね?

得意でもないことを、頑張ってやるのって

結構大変だし、得意な人には勝てません(泣

だからこそ、

自分が一番輝く場所で経営をする。
================================

もし、自分がどこで輝くのか?わからない人がいたら、

考えるんじゃなくて、動いたほうがいいですね^^

自分が輝く場所とか、コンセプトとかって、

考えても答えが出てこないことが多いです。

ガムシャラに行動しているうちに、

「あ、これかも!」と、自然と見つかるものなんです。

あとは、患者さんや周りの治療家さんから

「変わってるねー」と言われることが多ければ、

実はそこがあなたが一番輝ける場所だということも多いんです^^

2つ目の方法は、自分が一番だと宣言すること。

大切なので、もう1回書きます。

自分が一番だと宣言する。
========================

患者さんからしたら、地域で誰が一番なのか?は

まったくわかりません。

だから、教えてあげる。

これ、すっごく大切なことを書きました。

伝えないとわからないから、

ちゃんと伝える。教えてあげる。

そうやって「伝えること」を頑張っていると、

患者さんはあなたを応援してくれるようになるんです。

人間って、やっぱり汗かいて頑張っている人が好き。

地域っていう広い場所で、ポツンと治療院を

やっているわけですから、「ここにいるよー!」って

何度も何度も繰り返し教えてあげるんです。

■集客って、結局は「伝える」こと

治療院の集客って、いろいろなテクニックは

あるけど、結局は「伝えること」です。

じゃあ、どうやたら伝わるのか?

答えはカンタン。

伝わるまで、繰り返し伝えること。
===============================

集客がちょっと苦手な治療家さんって、もしかしたら、

「繰り返し伝えていないだけ」かもしれません^^

・1回チラシを配布したから伝わっているはず

・HPがあるから、見てくれているはず

・看板出してるし、みんな知っているはず

この考え今すぐに捨てちゃいましょう!

伝わるまで、繰り返し伝え続ける。
===============================

テクニックは昔のブログにいっぱい書きましたが、

結構この「繰り返し」って部分が抜けている

治療家さんが多いな~と最近気づいたので、

今日のメールで書いてみました。

この

・周りと戦わずに、自分が一番輝くところで経営をする

・自分が一番だと宣言する

・伝わるまで、繰り返し伝え続ける

をマインドで持っておくと、治療院経営は

ちゃーんと軌道に乗り始めます。

起動に載ったら、そこからは色んなテクニックで

さらに伸ばしていく。

こんな順番で進めていくと、治療院はスムーズに

繁盛していきます。

ぜひ、今回紹介した3つのこと、

やってみてくださいませm(_ _)m

-バックナンバー, 松下 展平, 経営者マインドをつけたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.