バックナンバー リピート率を上げたい 松下 展平

ご年配の患者さんに好かれるコツ

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

12月に入り、2016年もカウントダウン。

あと3週間くらいでお正月ですね^^

今日は「ご年配の患者さんに好かれるコツ」ということで、

治療の現場で効果を発揮する「3つのポイント」を

お伝えしようと思います。

■ご年配の患者さんに好かれるコツ

治療院に来院されるご年配の患者さんに好かれ、

長い間ずっとファンになってもらうコツをご存知ですか?

ご年配の患者さんの傾向として、一度ファンになってもらえると

何年も何年も応援していただけることが多いんです^^

大切なポイントは「すがすがしい対応」をすること。
===========================================

今日は、ご年配の患者さんに好かれるための

「3つのコツ」について話をしていきたいと思います。

【1つ目のコツ】

あいさつは、明るく元気に!
そして、ヒトコト付け加える。

「こんにちは!」「お久しぶりです!」

ご年配の患者さんが来院されたら、

いつもよりちょっとだけ

大きめの声であいさつをしてみてください。

そして大切なのは、あいさつの後に

ヒトコト付け加えること。

「こんにちは!今日は冷えますね~」

「お久しぶりです!膝の調子はいかがですか?」

こんな感じで、あいさつにヒトコト付け加えると、

そのヒトコトが起点となり、短い会話が生まれるんです^^

ご年配の患者さんは、一人暮らしの方が少なくありません。

家に帰ると一人で会話がない・・・という方もいるので、

少しでも多く会話をすることで、喜んでもらえることが多いのです。

【2つ目のコツ】

リアクションは大きめにする。

患者さんがお話された内容に対するリアクションを、

いつもよりちょっとだけ大きくしてみてください^^

「えーーーー!そうだったんですか~」

「お!それは素敵ですね!!」

どうしてもご年配の方の中には、視力が落ちていたり

耳が少しだけ聞こえずらい方もいらっしゃいます。

こちらの感情をしっかりと伝えるためには、

ちょっと大き目くらいのリアクションが必要なんです。

うなずく時も、いつもより少し大きめに

首を動かしたりすると、

「あ、この先生はちゃんと私の話を聞いてくれている」

と思っていただくことができます。

大切なのは、健康に関するアドバイスをすることではなく、

患者さんの話をしっかりと聞いて、受け止めることですよ^^

アドバイスは求められるまで待ちましょう。

【3つ目のコツ】

気を使いすぎず、普通に接する。

お年配の患者さんがいらっしゃっても、

あまり気を使いすぎなくてOKです。

気を使いすぎてしまうと、中には「歳より扱いをされている」

と受け止めてしまう方もいるのです(泣

おじいちゃん、おばあちゃん扱いは厳禁ですね。

「手伝いましょうか?」

などの言葉も、すぐに声かけをするのではなく、

少し様子を見て、

・手伝ってほしいのか?

・自分でやりたいのか?

を見極めてからでも遅くはありませんよ。

他にも、

・ドライマウスの方が多いので、アメをお渡しすると

喜ばれることが多い。

・ネガティブな話題に「同調」しないようにする。

・ムリに話を合わせずに、知らないことは「教えてください!」

という姿勢で会話を楽しむ。

・ほめられたら、謙遜せずに「嬉しいです!」と

ちゃんと受け止めて喜ぶ。

・・・などなど、ご年配の患者さんへの対応では

覚えておくといいことが結構あります。

もちろん、ご年配の患者さんに限ったことでは

ありませんが、大切なポイントばかりですので

覚えておいてくださいね^^

一度ファンになってもらえると、ずっと応援してくれることが

多いですし、ご紹介もいただきやすいご年配の患者さん。

(だからというわけではないですが)

すがすがしい対応、気持ちの

良い対応を心掛けていきましょう!

-バックナンバー, リピート率を上げたい, 松下 展平

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.