バックナンバー 松下 展平 紹介を増やしたい

6W1Hの質問から、口コミ戦略を考える。

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

今年もあと1か月半でおわり!早いですね~

■6W1Hの質問から、口コミ戦略を考える。

口コミや紹介での集客を考える時に、

必ずやっておかなければいけないこと。

それは、

6W1Hの質問から、口コミ戦略を考えること。
=========================================

勉強熱心な方にはおなじみかもしれませんが、

「6W1H」とは、

・Who (誰が)

・Whom (誰に)

・What (何を)

・When (いつ)

・Where (どこで)

・Why (なぜ)

・How (どのように)

の頭文字を取った、ビジネス上の物の見方です。

この6プラス1、合計7つの要素を考えていくことで、

治療院の紹介は確実に増えていきます

■1つ1つ考えてみよう!

・Who (誰が、口コミをしてくれるのか?)
=====================================

まずは、誰があなたの治療院のことを

紹介してくれるのか?を考えていきましょう。

患者さん全員が紹介してくれればいいのですが、

残念ながらそれは現実的じゃないですよね^^;

1つ目のステップとして、誰が口コミを

良くしてくれるのか?を考えるのです。

もしくは、いまあなたの院を良く紹介してくれるのは

どのような患者さんなのか?を思い出してみるのもいいですね。

・Whom (誰に、口コミをしてくれるのか?)
======================================

who(誰が)が決まったら、次はその患者さんが

「誰に」口コミを広げてくれそうなのか?を考えます。

家族?友人?同僚?

ここでも、周りにいる人全員に口コミをしてくれれば

いいのですが、それはかなり難しい。

だからこそ「誰に」を決めることが大切です。

・What (何を、口コミしてくれるのか?)
=====================================

次は、話の中であなたの院の「何を」口コミしてくれるのか?

を考えていきます。

TVに出た!雑誌に出た!など、先生の実績を紹介するのか?

「○○に関してはプロよ!」と、先生の専門性を紹介するのか?

「あの先生って、ホント私のことわかってくれるのよね~」と、

先生の人柄を紹介してくれるのか?

この「何を」を絞ることが、口コミの種を作るのです。

・When (いつ、どんなキッカケで、口コミをしてくれるのか?)
=====================================================

次は、どんなキッカケで患者さんが紹介を始めるのか?を

考えていきます。

口コミが生まれる瞬間って、必ず何かのキッカケがあります。

会話の中で、いきなり治療院の話が出てくることなんてないですよね(笑

必ず、「野球の大会で、友人が怪我をした時」とか、

「朝のラジオ体操で、腕が上がらないことに気づいたとき」など、

キッカケがあるのです。

・Where (どんな場所で、口コミをしてくれるのか?)
==============================================

次に、場所を設定していきます。

患者さんが口コミをしてくれそうな場所はどこでしょうか?

お母さんたちが、幼稚園のバスを待っている時なのか、

それとも、仕事の休憩時間にコーヒーを飲んでいる時なのか。

「場所」をイメージするのは、とっても大切ですよ^^

・Why (なぜ、口コミをしようと思うのか?)
=======================================

ここまで考えが深まったら、

次は「なぜ紹介するのか?」です。

もちろん、技術がすばらしく、自分が改善したから

紹介をするのですが、他にも理由は必ずあります。

また、紹介をする理由を、自分で作り出せないか?も

考えてみてくださいね^^

・How (どのように、口コミをするのか?)
======================================

最後に、患者さんが「どうやってあなたの院を紹介するのか?」

について考えていきましょう。

紹介カードを財布から出して渡すのか?

その場でスマホ検索して、HPを見せながら話すのか?

いろいろな紹介方法がありますが、その方法が決まれば、

あなたが何を準備しておけばいいのか?が見えてくるのです。

さて、いかがでしょうか。

口コミ・紹介で患者さんがあふれている治療院では、

今回ご紹介した「6W1Hの質問」をしっかりと考えて

治療院の経営をされているところが多いのです。

6W1Hの答えが、キチンと1つのストーリーになっていれば、

自然と紹介は増えてきますし、紹介を増やすために

いまあなたが何をすればいいのか、が見えてくるんですよ^^

-バックナンバー, 松下 展平, 紹介を増やしたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.