バックナンバー 松下 展平 経営者マインドをつけたい

患者さんの記憶に残るか?

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■患者さんの記憶に残るか?

・集客人数を増やす

・リピート率をあげる

・紹介を増やす

治療院経営の課題は、この3つに集約されます。

そして、3つの課題を一気に解決するための

ポイントが、このメールのタイトルにも書いた

いかに「患者さんの記憶に残るか?」を考えること。
==============================================

いまの時代、患者さんは毎日何千、何万という

情報の海にいて、様々なメッセージに振れていますよね?

その中で、いかにあなたの治療院のことを

記憶に残すか?

ここをトコトン考えてみてほしいのです。

■集客・リピート・紹介

・あなたのHPは、一度見ただけで、記憶に残るか?

・チラシを見たときに、記憶に残るか?

・看板はひと目見ただけで、記憶に残るか?

記憶に残らないものは、スグに忘れられてしまい

集客につながらないことが多いものです。

また、

・あなたの手技は、患者さんの記憶に残るのか?

これも大切なポイント。

「こういう仕組みで体を改善していきます」
======================================

多くの治療家さんは、患者さんに伝えていると思いますが、

説明が長すぎたり、難しすぎたりすると、記憶に残りませんよね(汗

結果、リピート率がドンドン下がっていくのです。

さらに、

・【あなた】という人は、患者さんの記憶に残るのか?

これは意外と見落としがちですが、大切なポイントです。

紹介をするとき、患者さんは「治療院」を紹介するのではなく、

【あなた】という「人」を紹介するんですよ^^

つまり、記憶に残る人物なのか?が大切。

紹介が多い治療家さんは、間違いなく「記憶に残る人物」です。

■どうしたら、記憶に残せるのか?

治療院の集客・リピート・紹介、すべてにおいて

大切なのが、「記憶に残るか?」ということ。

では、どうやったら患者さんの記憶に残ることができるのか?

ポイントは、たった1つなんです^^

どんな記憶として残りたいか?を考えること。
=======================================

例えばですが・・・

・面白い先生として、記憶に残りたいのか?

・○○の専門家として、記憶に残りたいのか?

まずは、どう記憶に残りたいのか?を考えていきましょう。

ある治療院では、施術中に撮影した写真を

後日、患者さんにプリントして郵送しています。

ある治療院では、説明をホワイトボードに書いて、

最後に患者さんに対して、

「大切なので、ぜひ写メっておいてください!」

と伝えています。

ある治療院では、先生の生い立ちや、治療家になった理由、

技術を学ぶ中で気づいたことなどを、冊子として配布しています。

・・・すべて、記憶に残るには?を考えた末に

思いついたアイデアです^^

■さらに記憶に残るためには?

上記のような手法を使って、患者さんの記憶に残るよう

対策をしている治療院では、間違いなく売上が上がります。

しかし、さらに患者さんの記憶に残り、

忘れられないための方法があるんです。

それは、

物語を伝えること。
================

例えば腰痛の患者さんに対して・・・

・骨盤の歪みが、腰の痛みを引き起こしています。

・生活習慣を、朝方に変えるとカラダは改善します。

・ベッドを大きくして、寝返りが打てるようにするといいです。

この3つを患者さんに伝えるとき、

あなたなら、どうしますか?

紙に書いて伝えても、記憶に残りません。

口頭で3つを順番に伝えても、記憶に残りません。

大切なのは、物語にして伝えること。

こんな感じです^^

○○さん、実は前にも同じような症状の患者さんが

うちの治療院に通っていたことがあるんですね。

その時に、私は2つだけアドバイスしたんですけど、

「ビックリするくらい腰が楽になった!」と喜んでもらえたんですよ^^

まずやってもらったのは、夜中にやっていた仕事を、

朝早くやってもらうようにしたこと。

次にやってもらったのは、小さいシングルベットを、

少し大きめのセミダブルにしてもらったこと。

この2つだけで、腰痛が楽になっちゃったんです、

なぜなら、腰痛って、骨盤の歪みが引き起こしていることが

多いんですけど、ベットを大きくすることで、寝ている間の

寝返りができるようになって、歪みが取れていったんですね。

また、人って夜寝ている間にカラダが回復するように

できているんですけど、一番回復力が高いのが、

夜10時から深夜2時の間なんです。

その時間を仕事ではなく睡眠にあててもらったので、

整体の効果はもちろんアップしますし、その効果が

長持ちするようになって、仕事の効率も上がって、

しまいには出世までしてしまったんですよ~

・・・とこんな感じ^^

物語になっているので、記憶に残る。

単に知っておいて欲しい情報を伝えるのではなく、

記憶に残るよう、物語にするんです。

余談ですが、世界に散らばる「神話」の類って、

子孫に伝えたい「教訓」を、記憶に残りやすいように

物語にしているんです。

だからこそ、何百年・何千年と語り継がれ、

人々の記憶に残っているんですね^^

さて、あなたの治療院には、患者さんの記憶に残る

ための工夫・仕組み・物語がありますでしょうか?

繁盛している治療院には、

必ず「記憶」に残るものがありますよ^^

-バックナンバー, 松下 展平, 経営者マインドをつけたい

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.