ネット集客を成功させたい バックナンバー 松下 展平

HPで文章を書く時のポイント・最新系の治療院ノウハウ

更新日:

いつもお世話になっております。
口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

さて、今日のテーマは「HPで文章を書く時のポイント」。

・HPを自分なりにはしっかり作っているのに、集客できない
・文章がうまく書けなくて悩んでいる

という悩みはありませんか?

これまで何百という治療院のHPを添削してきましたが、
「文章が書くのが得意!」という先生はほとんどいません。

しかし、あるポイントを押さえることさえできれば、
集客につながる文章がちゃんと書けるようになります。

今日は、そのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います^^

======================
1:患者さんが使う言葉を使う
======================

HPは患者さんが読むものです。

つまり、患者さんが日常的に使う言葉で
文章を書く必要があるのです。

======================
2:言いたいことではなく、言ってほしいことを書く
======================

自分が患者さんに伝えたいことだけのHPになっていませんか?

言いたいことを書くのではなく、患者さんが言ってほしいことや、
知りたいことが書かれているのか?をチェックしてみてください。

======================
3:1段落で、伝えることを1つに絞る
======================

文章の1段落で、伝えたいことを1つに絞り込めていますか?

あれもこれも書くのではなく、この段落では
「これを伝えたい!」という内容を1つに絞ってみましょう。

======================
4:小難しいことは来院してから
======================

自分の院の魅力や施術方法を知ってもらおうとして
文章を詳しく書きすぎていませんか?

伝えるべき内容はいろいろあると思うのですが、
「これは来院してから伝えればいい」という部分は
思い切ってHPの文章から削ってしまいましょう。

======================
5:箇条書きをいっぱい使う
======================

自分のことを思い出してみるとわかると思うのですが、
そもそも人間は文章を読むのが苦手です(汗

でも、箇条書きになっていれば読みやすい。

だからこそ、文章で伝えるのではなく、
重要なポイントを箇条書きにできないか?
を考えてみてください。

3つくらいに絞って、

・うちの特徴は3つです。
・不調の原因を、当院では〇〇と〇〇だと考えています。
・施術の特徴は3つです。

など、数字を出して箇条書きで伝えると
患者さんに内容が伝わります。

さて、いかがでしたでしょうか?

集客できるHPを作るために、うまい文章を書く必要はありません。

大切なのは、うまい文章ではなく、
わかりやすい文章。

ぜひ今回お伝えした5つのチェックポイントで、
あなたのHPを確認してみてくださいね^^

-ネット集客を成功させたい, バックナンバー, 松下 展平

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.