ネット集客を成功させたい バックナンバー 松下 展平

集客できるhpは、「忙しいオカン」の法則で。

更新日:

いつもお世話になっております。

口コミサイト「ヘルモア」代表の松下です。

■あなたのHPに、3つの情報は入っていますか?

最近いろいろな治療院のhpを見ている中で

気づいたことをシェアしていきますね(^O^)

集客できている治療院のhpには、

ある「3つの情報」が必ず含まれているんです。

■1つ目は、「伝える必要のある情報」。

・予約するには、どうしたらいいか?(電話番号・予約フォーム)

・何時から何時までやっていて、いつ休みなのか?

・どこにある治療院なのか?どうやって行けばいいか?

・料金はいくらか?

当たり前ですが、いがいとわかりずらい表記の

治療院HPが多いんです。

特に、地図がわかりずらいHPが多い!

「グーグルマップって、なんかわかりずらいな~」と

感じたことのある方はいませんか?

ネットに慣れている方は、使いこなしている人が

多いのですが、治療院にいらっしゃる患者さんの中には、

使いずらいと思っている方は多いですよ。

そんな時は、このツールを使うと便利ですね^^

http://www.egmap.jp/

グーグルマップを使いながらも、万人に

わかりやすい地図を作ることが可能。

ぜひお試しくださいませ

■患者さんに知ってほしい情報。

・ほかの治療院と、どう違うのか?

・なぜ、地域で選ばれているのか?

・どんな患者さん・症状が得意なのか?

これらの「知ってほし情報」が、あなたのHPに

ちゃんと掲載されているでしょうか?

「当院が選ばれる3つの理由」なんていうコンテンツが

ある治療院は多いですが、ありきたりの内容になっていませんか?

・痛みやコリの「根本」から治します!

・痛くないから、初めての方でも安心です!

別に悪くはないのですが、地域のほかの治療院でも

同じような内容がHPにあるとしたら、差別化にならない。

特に都心(東京・名古屋・大阪)などの激戦区では、

もっともっと「理由」を尖らせていかなくちゃですね(^O^)
===============================================

市場は成熟すると必ず「細分化」しますので

いつまでも「体の不調でお困りの方は~」と

やっていては、徐々に集客数が落ちてしまいますよ。

集客に直結する「選ばれる理由」の作り方は、

来週お話しようと思います。

■関係性をつくるための情報。

治療院のHPで、一番足りないのがコレ。

いくら、

・伝える必要のある情報

・知ってほしい情報

がそろっていても、患者さんとの「関係性」を

築くことができなければ、集客にはつながりません。

「関係性をつくる」というのがわかりにくければ、

「facebookで""""いいね""""をもらえるような情報」と
=========================================

置き換えてみてください。

「いいね」をもらえる情報というのは、

2つのカテゴリーにわかれます。

・ストーリー

・こだわり

あなたが「なぜ、治療家になったのか?」というストーリー。

そして、「ほかの人になんと言われてもゆずれない""""こだわり""""」。

HPのコンテンツをfacebookにアップした時、

「いいね」が多く付くか?をイメージしながら

文章を書いていくといいですよ^^

■「忙しいオカン」の法則。

さて、いかがでしょうか。

""""3つの情報""""が、あなたのHPに入って

いましたでしょうか?

「そうは言っても、どうすればいいかわからない・・・」

という方は、目の前に「忙しいオカン」がいることを

イメージしてみてください(笑

オカンを治療院に行かせるには?というゲームだと

思ってHPの文章を考えるといいですよ。

あなた:あそこの治療院、すごくいいらいしいで。。

オカン:治療院なんて、どこも一緒やん?

あなた:いやいや、あっこは「他と違って○○」なんよ。
(他の治療院との違いをヒトコトで)

オカン:えっ!?ほんま?

あなた:マジやって。だって「○○」やもん。
(証拠を提示)

オカン:へー。でも、私に合うかわからへんやない!

あなた:いや、「あそこは○○」だから、ピッタリやで。
※例「あそこは腰痛専門だから、腰痛のオカンにはピッタリやで」
(自分事化してあげる。)

オカン:へー。でも、先生怖かったり、不潔だったら嫌やなー。

あなた:あっこの先生、すごくいいって評判やで。
しかも○○なんやって!
(「いいね!がもらえるようなストーリー」

オカン:へー。すてきな先生やない。
ほんじゃあ、いつか行ってみるわー。(遠い目)

あなた:いやいや、今すぐ予約せーや。今なら○○なんやって!
(今すぐ予約をすべき理由)

オカン:それを早く言いーや!どうやって予約すればいいん?

あなた:「○○○」で検索して、HPにある電話番号にかけてみー。

こんな感じで、「忙しいオカン」をあなたの治療院に

行かせるには?をイメージしてHPを作ってみてくださいね。

ちなみに、いま大阪にいるので「関西弁」になっておりますが、

「そんな言いまわしせーへんで!」

「えせ関西弁使うなや!」

というクレームは受け付けませんので、あしからず(苦笑)

※私、本籍は大阪の「高槻」ですが、2歳くらいから
横浜で育ったので、変な関西弁になっている気が・・・。

-ネット集客を成功させたい, バックナンバー, 松下 展平

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.