ネット集客を成功させたい バックナンバー 金谷武士

お宝症状の候補が見つかったらそのあとどうするの?

投稿日:

こんにちは

治療院集客仕組み化プランナーの金谷です。

間違った集客に時間を無駄にしないための
「生きてる情報」をお届けしております。

 

今回のテーマは
「お宝症状の候補が見つかったらそのあとどうするの?」
です。

前回のメルマガではお宝症状を見つける習慣について
お伝えしました。

では、実際お宝症状の候補が見つかったらあとは
どうすればよいのかお伝えします。

ちょうど健康番組の過去の放送を見ていて
おもしろそうな症状を発見しました。

その名も「しゃっくり脚症候群」です。

むずむず脚なら知っていますが、しゃっくり脚とは・・・

1.キーワードプランナーで検索需要を調べます
=============================================

おもしろそうな症状があったらまずGoogleのキーワードプランナー
というツールで検索需要を調べます。

これはGoogle広告を使っている人ならだれでも利用できます。

結果、しゃっくり脚の月間検索需要は

10回でした。

これじゃ集客にはつながらないですね。

ですが、大体こういう変わった名前の症状って

通称

正式名称

があったりするので詳しく調べてみると

正式名称「周期性四肢運動障害」っていう病名でした。

これをまたキーワードプランナーにかけてみると

月間の検索需要は

2400回です。

一気に増えましたね。

まぁ検索している人のすべてが患者さんかどうかは怪しいですが、
お宝症状候補としてはまずまずです。

2.ページを作って広告を出す
=============================================

お宝症状の候補が見つかったら、その症状のページを
作って、広告を出します。

そもそもニッチな症状ですから、地域よって全然検索回数が
ないかもしれません。
ですが我慢です。

どれだけ少なくても200クリックくらいされて初めて
その症状が狙える症状かどうかを判断しましょう。

3.お宝症状を発見したら
=============================================

月1件でも2ヶ月に1件でも集客ができて
なおかつ競合がいなければ、その症状は独占状態です。

そんな症状を発見したら・・・

誰にも言わないでおきましょう。
あなただけの独り占めです。

今週も最後までお読みいただきありがとうございました。

-ネット集客を成功させたい, バックナンバー, 金谷武士

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.