ネット集客を成功させたい バックナンバー 金谷武士

【残り3名】奥さんに怒られてる人は必見!ロジカル思考の落とし穴

更新日:

こんにちは!

ヘルモアの水曜メルマガを担当している

治療院応援プロジェクト「アツメキ」の金谷です。

さて、今日のテーマは

「奥さんに怒られてる人は必見!ロジカル思考の落とし穴」です。

また、奥さんに怒られました。

うちの奥さんはOLで事務の仕事しているのですが、

「発送業務が多すぎて、事務の仕事が全然できへんかった」

「忙しくても誰も手伝おうともしないし・・・電話すら出てくれない!ムキッー」

いつもの愚痴です。

それに対して、私が「発送業務外注したらええやん。

誰でもできる仕事をわざわざ社内でやるために

事務を多く雇ってるなんて合理的じゃないわ」というと、

「そんな解決方法を聞きたいんじゃないねん」って怒られます。

よくあるアレです。

「解決方法を求めてるんじゃなくて、愚痴を黙って聞いてほしいだけ」
=====================================================

っていうやつです。

我が家の日常です。

ロジカル(論理的)に導き出した答えを直球でいうことが

必ずしも相手の満足度を上げるわけではないということです。

先日、治療院さんのホームページの

症状ページの原稿見ている時に感じたことがあります。

確かに言ってることは正しいかもしれない、

説明も丁寧だし細かく伝えてくれている。

でも、なんだか患者として読んだ時に安心感を感じない。

例えば、

なぜ?あなたの○○は今まで改善しなかったのでしょうか?

それは・・・「薬にばかり頼っていたからです」

いや、確かにそうなのかもしれないですが、

誰も頼りたくて薬に頼っていたわけでもないですよね。

それ以外方法を知らなかっただけのはずなんです。

正論は正論だけどそんな風に言わなくても・・・って思った時に、

私が奥さんによく言われる「言い方が腹立つねん!!」

っていう言葉がよぎりました。

そう、正しいことを言うにしても言い方、言葉の選び方ってありますよね。

その人の苦しみに本当に共感して、寄り添って伝えたいという思いがあれば、

それは言葉に現れると思います。

言葉だけでなく、そのページ自体にも論理的な症状の説明だけでなく、

「この先生なら自分の苦しみを理解してくれる」

そういう感情の部分がページにないと、まだ会ったこともない人に

ホームページ上だけで安心してもらうことってできないですよね。

話の流れ、前後のつじつま、どれももちろん大事ですが、

今一度、自分のホームページを見て、奥さんに怒られている

男性的な伝え方になっていないか確認して見てくださいね。

今週も最後までお読みいただきありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来週の予告生きている情報をお届けします!

「集客できていないから分析するではなく、

集客できているからこそ分析する」です。

楽しみにお待ちください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-ネット集客を成功させたい, バックナンバー, 金谷武士

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.