バックナンバー リピート率を上げたい 川井 健太

目線を合わせると、リピート率が上がる

投稿日:

こんばんは!

元Webデザイナーの治療院集客専門家、
川井健太です!

本日は
治療院のリピート・紹介・値上げ・時短について
お話させていただきます。

 

今回は明日から使える小ネタです。

患者さんと話すときに、目線を患者さんと同じ高さに合わせて話すと、
リピート率が上がります。

どういうことかと言うと、治療院では、
患者さんがベッドに横たわっていたり、座っていることが多いはずです。

そして、治療家は立っていることが多いはずです。

と、いうことは、自然と上から患者さんに話しかけていることが多いんです。

施術中は問題ありません。問題なのは、施術前と施術後。

患者さんがいすに座っていて、あなたが立っている。
そのまま患者さんにアドバイスしていませんか?
また、高齢の方で、背が低かったり、腰が曲がっている方もいらっしゃいますよね。

そんな時は、必ずひざをついたり、かがんだりして、
患者さんと目線を合わせることを心がけてみてください。

人は目線が同じ高さの人に、親近感や安心感を感じるんです。

お子さんがいらっしゃる方はご存知ですよね!
子供と話すときは、しゃがんだりして、子供と同じ高さに目線を合わせて話すと、
泣き止んだり、話を素直に聞いてくれたり、仲良くなれたりします。

治療院での接客も、それと一緒です。患者さんと話すときは、目線を合わせる!

こんな小さなことで、リピート率が上がるんですよ~

一度お試しあれ!

-バックナンバー, リピート率を上げたい, 川井 健太

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.