バックナンバー リピート率を上げたい 川井 健太

1回目の患者さんは、患者さんじゃない?

投稿日:

こんばんは!

元Webデザイナーの治療院集客専門家、
川井健太です!

今日は木曜日ということで、
リピートについて
お話させていただきますね。

では早速ですが、
本日のお題は
「1回目の患者さんは、患者さんじゃない?」
というお話です。

今日、ある治療院の院長先生と話をしていて、
気になったことが1つあったので書きますね。
(ちゃんと記事にする了解は取ってあります)

「患者さんは来るんだけど、リピートしないんだよねー」

前半はちょっと自慢げに、後半は渋い顔で・・・。

この状況を改善する方法って、いろいろあるわけですが、
前半をちょっと自慢げに話しているあたりがダメダメです(笑

つまりは「どうやったらリピートするの?」って話なんですけど、
この院長先生は、まずは考え方を変えてみる必要があるようです。

患者さんは来る???

その考えをしている限り、リピート率は上がらないんです。

1回目の患者さんは、患者さんではありません。

えっ!? なんで??患者さんじゃないの??

はい、患者さんではなく「見込み患者さん」です。

1回目の来院は「見込み患者さん」。
2回目、もしくは3回目くらいからが「患者さん」です!

1回目の患者さんを「見込み患者」と考えるだけで、
「どうやったら、この見込み患者さんを患者さんにできるんだろう?」
という考えになります

1回目から「患者さんが来た!」なんて思わないほうがいいです。
1回目の来院は、あくまで見込み患者さんであって、患者さんではありません。

どうやったら次も来院してもらえるかを考えましょうね!

この積み重ねが、リピート率の高い治療院を作ります。

-バックナンバー, リピート率を上げたい, 川井 健太

Copyright© 日本治療院経営研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.